JANUARY 2021

世界遺産カレンダー1月画像:富士山ー信仰の対象と芸術の源泉(日本国)

富士山ー信仰の対象と芸術の源泉

日本国

富士山の名で世界中に知られる冠雪の火山は、はるか昔から芸術家や詩人を刺激してきました。11世紀、日本の美術作品に富士山の描写が登場しますが、19世紀に描かれた連作の風景木版画により「日本と言えば富士山」との認識が世界にも広がり、西洋美術の発展にも多大な影響を与えました。毎年大勢の来訪者が3,776メートルの富士山を歩き、山麓に点在する神社へ参拝、信仰の対象である溶岩樹型や湖、湧水や滝といった火山特有の自然の造形物に心打たれています。