第4回 MVNOのNAT調査

ワッシー、契約した格安SIM、納品されたからキャビネットに入れといたでー!

ヤスコ

あざーっす。じゃー早速MVNOの調査を開始するか。
おいルー太!MVNOの調査、やり方説明するからちょっとこっち来て。

ワッシー先輩
ルー太くん

あ、はい!っていうかMVNOってナニ???

他の携帯会社の通信網を使って、格安で通信サービスを提供する事業者のことさ。最近世間で格安SIMって話題になってるだろ?
聞いたことない?

ワッシー先輩
ルー太くん

あ、あります!

MVNOの中には、IPv4アドレス枯渇対策のためにプライベートIPアドレスを割り振るNATを導入している事業者が存在するんだ。
だから、事業者ごとのNATの性質を把握するために、今回契約した格安SIMを使って調査しようと思う。

ワッシー先輩
はてなルー太くん

どんな調査をするのー?

UDPやTCPのNATテーブル時間や、特徴のある動作をしていないかを調べたい。例えば、特定のプロトコルを通さないかどうか、ALG(Application Level Gateway)による問題がないかどうか、事業者が設置しているゲートウェイのNATがConeNATかSymmetricNATか、など細かく調査してまとめようと思う。

ワッシー先輩
はてなルー太くん

へぇ~!その調査をしたら、何かに役立つのー??

例えば、スマホアプリを利用して宅外から家電を操作するサービスにおいて、NAT越えを可能とする商品仕様に役立てる事ができるんだ。

ワッシー先輩
なるほどルー太くん

あ、ビエラやディーガの「外からどこでもスマホで視聴」のことだね!「放送中の番組を外でも見られる!」「録画した番組を外でも見られる!」っていう!

今後、宅外のスマホから宅内の家電を操作するというニーズが高まって色んなスマホ連携サービスが開発されていくと思う。
その時に今回のMVNOのNAT調査結果が役に立つはずさ!

ワッシー先輩
ルー太くん

これも、パナソニックのノウハウになるんだね!

パナソニックでは、MVNOのNAT調査だけでなく、ホットスポットの無線や、プロバイダの通信の各特徴など、様々な市場調査結果をノウハウとして蓄積し、「通信プロトコル試験」や「互換性検証」での接続問題の解析に役立てています。
これらのノウハウを予め製品仕様に取り入れることで、市場での接続問題を未然に防ぐことが可能となります。

ぜひパナソニックのノウハウを製品の接続品質向上にお役立てください!