互換性検証サービス

相互接続性確保のための検証

ネットワーク接続を搭載した機器はさまざまな環境で接続されます。 こうしたインターネット接続などの環境における、機器の相互接続性確保のための検証を行ないます。 各種RFC、Wi-Fi、DLNA、など通信に関する規格・仕様はあいまいに規定されている部分が多く、メーカーによってはその解釈、実装が異なるため、実際に接続させた場合につながらないことも多々あります。 発売前に実環境で互換性検証を行い、相互接続性を確保すれば、発売後のお客様からのクレームも激減し、 その上製品の高品質なイメージが保たれ、ブランドイメージの向上にもつながります。

回線/ISP(組合せ)

80構成

【西日本】

光回線

29環境

ADSL回線

3環境

CATV回線

2環境

ISP

17環境

【東日本】

光回線

2環境

CATV回線

1環境

ISP

5環境

【モバイル】

モバイル回線

16環境

スマートフォン/タブレット(国内/海外)

116機種

Panasonic製

15機種

他社製

101機種

家庭用ルータ(有線/無線含む)

1519機種

国内

596機種

北米

379機種

欧州

391機種

その他

153機種

無線ルータ/AP

1107機種

国内

403機種

国内

704機種

ネット家電(国内/海外)

213機種

【テレビ】

Panasonic製

78機種

他社製

37機種

【BD/DVDレコーダー/プレーヤー】

Panasonic製

60機種

他社製

38機種

検証サービス一覧

保有設備一覧に記載の設備を用いて、下記のサービスを提供しております。いずれのサービスにおいても、独自で調査したシェア情報や過去のノウハウを活用し、不具合の出やすい機器・回線を優先して選定しますので、"最小限の検証工数で最大限の効果を得る"ことが可能です。

・通信環境(国内)

国内の主要回線/ISP、モバイル回線など80構成と国内ルータ600機種を組合わせれば、さまざまな一般家庭の通信環境を再現可能です。

・通信環境(海外)

ADSL2+/VDSL2 DSLAMを用いて、海外のADSL2+、VDSL環境を擬似的に構築することが可能です。
海外のモデム内蔵ルータを多数保有(米50台、英62台、独31台etc.)しておりますので、ご希望の国の一般家庭の通信環境を再現し、海外で発売されているモデムルータとの互換性を確認することが可能です。
※豪州、東南アジア向け等、今後拡大予定
※中国に関しては、「現地検証」をご確認ください。

・無線ルータ

国内・海外の主要メーカーの無線AP/ルータ1100機種との接続確認が可能です。問題の多い無線機能の接続性を確認することができます。

・ホームネットワーク機器

テレビ、デジタルカメラ、レコーダなど、ネットワーク対応の家電機器を各種保有しています。DLNAやWi-Fi Miracastなど、国内外の主要メーカーの対応機器とのアプリレベルでの相互接続性確認が可能です。

・スマートフォン/タブレット

開発したスマートフォンアプリをスマートフォン・タブレットにインストールして、アプリの動作確認や、他機器との相互接続性確認が可能です。

開発初期段階に通信プロトコル試験項目を実施している場合には、そこで洗い出した接続性不具合が本当に解消できているかどうかを、製品出荷前に実環境で確認することができます。