Rio 2016

オリンピック大会の舞台裏

オリンピック大会の舞台裏

オリンピックの歴史に残る
印象的なセレモニーを演出
「開閉会式」

山本淳

山本淳
パナソニック株式会社
システムエンジニア

大丸惠史

大丸惠史
パナソニック株式会社
プロジェクトマネージャー

中水陽子

中水陽子
パナソニック株式会社
オリンピック・パラリンピック課

Marco Balich

Marco Balich
Rio2016
エグゼグティブ・プロデューサー

James Lee

James Lee
Ceremonias Cariocas 2016 (開閉会式プロダクション会社)
セレモニー技術統括責任者

Patrice Bouqueniaux

Patrice Bouqueniaux
Ceremonias Cariocas 2016 (開閉会式プロダクション会社)
テクニカル・コンサルタント

「象徴的で記憶に残る素晴らしい大会」。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、初の南米開催となったリオ・オリンピックをそう振り返った。中でもいちばんのハイライトは、やはり開会式と言えるだろう。オリンピック最初にして最大の見せ場でもある開会式は、開催国の歴史や文化を色濃く反映した演出が見所だ。そして、それらを支えているのが、その時代の最先端テクノロジーである。パナソニックは、初の「公式開閉会式パートナー」として臨んだ今大会で、持てる技術の全てを発揮した。アスリート達による世界最高峰のスポーツの祭典。そのオープニングにふさわしいセレモニーとしてリオ・オリンピックの開会式は、人々の心に強く焼きついたことだろう。

周到な準備で万全の態勢を整える

2016年1月6日、パナソニックはリオ・オリンピックの大会組織委員会と「公式開閉会式パートナー」の契約を結んだことを発表した。これまでにも、開会式に機器を提供してきたパナソニック。だが、今大会ではシステムから請け負い、プレーヤーの立場でセレモニー全体を支えることとなった。ただ、そこへ行き着くまでの道のりは困難の連続だったという。責任者を務めたパナソニックの山本淳と大丸惠史は語る。

リオ大会の舞台裏

「初めての挑戦でノウハウもなく、試行錯誤の日々でした。工場で投射テストをしたり、とにかく準備には余念がありませんでしたね」。リハーサルも一ヶ月前からおこない、時間の許す限り微調整を繰り返した。
そして迎えた2016年8月5日。“サッカーの聖地”とも呼ばれるブラジルのマラカナンスタジアムで、リオ・オリンピックは華やかに幕を開けた。

リオ大会の舞台裏
リオ大会の舞台裏

感動を呼んだ壮大なプロジェクション

会場の至る所で施された壮大なスケールのプロジェクションマッピングは、今大会の開会式を象徴する演出の一つだ。それを支えたのは、パナソニックが誇る20,000ルーメンの高輝度プロジェクター(PT-DZ21K2)だ。入念な準備の甲斐もあり、大きなトラブルもなく開会式はフィナーレの時を迎えた。しかし、その先には嬉しいサプライズが待っていた。セレモニーが終わった後も、スタジアムでは人々が歌い続けていたのだ。組織委員会のシドニーレヴィーは振り返る。「その光景を目の当たりにして、我々は無事にミッションを達成できたのだと実感しました。オリンピックという巨大なイベントを成功させるには技術と情報、そして過去の大会に関する経験や知識を持つパートナーが必要です。我々にはパナソニックというパートナーがいました。それはとても幸運なことです」

The Panasonic Professional Lineup

大型映像表示装置

業務用プロジェクター

HD映像コミュニケーションシステム

AVセキュリティ機器