Rio 2016

オリンピック大会の舞台裏

オリンピック大会の舞台裏

厳しいスケジュールの中で
過去最大規模の納入を実現
「大型映像表示装置」

Shaun Heng

Shaun Heng
パナソニック システムソリューションズアジアパシフィック
設置・サポートチーム責任者

Dave Crump

Dave Crump
パートナー企業
最高経営責任者(CEO)

1,886m2。これは、今大会パナソニックが納入した大型映像表示装置の総面積だ。その数は大会ごとに大きくなり、それに伴い作業量も増す。とりわけ今回はハードだったという。PSSAP社のショーン・ヘンは振り返る。「今回は規模が大きいうえに、電力供給や会場建設の遅延も多くありました」。そんな状況の中でも、彼らは冷静な対処に努めた。まず、機材の到着を予定よりも早め、さらに到着後には予備テストを繰り返した。これにより試運転にかかる時間を短縮させ、タイトなスケジュールでも過去最大規模の設置を成功させたのだ。ショーン・ヘンは「パナソニックには豊富な経験と知識があります。その財産を活かして、これからもオリンピックを支えていきたいですね」と今後の展望を語った。

性能を飛躍的に向上させた3つの進化

リオオリンピックで使用される全37会場のうち35会場で使用された、パナソニックの大型映像表示装置。その大きな特徴の一つが、オリンピックでは初めてとなるダイキャストモデルの採用だ。従来のキャビネットタイプと比べて平方メートルあたり約10キロも軽くなり、設置にかかる負担がはるかに軽減し、運搬費のコストダウンにも貢献した。

リオ大会の舞台裏

もう一つの改良点が「ピクセルピッチ」だ。以前は主に12mmピクセルピッチだったものが、今回納入したほとんどの製品が8mmピクセルピッチを採用している。これにより解像度は約50パーセント向上し、より優れた映像体験の提供が可能となった。そして、今回納入した大型映像表示装置最大の特徴と言えるのが、ビデオボードとスコアボードを統合した一体型スクリーン、いわゆる「コンバインドボード」の導入だ。

リオ大会の舞台裏
リオ大会の舞台裏

スポンサーの垣根を超えたソリューション

「コンバインドボードのメリットは、タイムやスコアといった情報が競技と連動して表示できる点です。観客は競技に関する情報をリアルタイムで知ることができ、スポーツをより深く楽しむことができます」。そう語るのは、今回オペレーションを担当したデーブ・クランプだ。他のスポーツイベントでは一般的な一体型スクリーンだが、オリンピックはスポンサーが担当する製品が決められているため実現が難しい。しかし、ビデオボードを担当するパナソニックとスコアボードを担当するオメガ社の協業により、今大会ではコンバインドボードの納入が実現した。スポンサー同士の担当領域を超えて生まれた一体型スクリーンは約3分の1の会場に設置され、スポーツの新たな魅力を発信。会場は、かつてない熱狂に包まれた。

The Panasonic Professional Lineup

大型映像表示装置

業務用プロジェクター

HD映像コミュニケーションシステム

AVセキュリティ機器