Sochi 2014

オリンピック大会の舞台裏

オリンピック大会の舞台裏

ソチ冬季大会の成功がさらなる認知拡大へとつながった
「トータルソリューション」

John Ryder

John Ryder
パナソニック株式会社
オリンピックマーケティング室

Dmitry Moskalev

Dmitry Moskalev
パナソニックロシア

Sergey Braitsev

Sergey Braitsev
ソチ冬季オリンピック組織委員会

David Rodriguez

David Rodriguez
国際オリンピック委員会(IOC)
技術・情報部門
プロジェクトマネージャー

Hernan Poblete

Hernan Poblete
SUPERVISION(レンタル会社)
CEO

Damian Rowe

Damian Rowe
SPORTS TECHNOLOGY(レンタル会社)
CEO

AV機器を中心としたトータルソリューションでソチ冬季大会の成功をサポートしたパナソニック。今大会でその認知度はロシア国内に広がった。ソチ冬季オリンピック組織委員会のセルゲイ・ブライツェフは「大会後もパナソニックのブランドはさらによく知られたものになるでしょう。そしてもちろん、さらに高品質な新しいソリューションをパナソニックに期待しています。我が国の社会生活に著しい影響を及ぼすような革新的なものを。大会を通じてパナソニックが呈示して見せたソリューションは、スポーツだけでなくあらゆる分野でも必要なものになるはずです」とパナソニックの活躍を振り返った。

次のオリンピックへ新たなソリューションを

パナソニックは、IOCとの2024年までのオリンピックのワールドワイド公式パートナー契約に、先頭をきって調印した。今後、リオ、平昌、東京、その先2024年まで、パナソニックは最先端の機器技術やソリューションでオリンピックへの貢献を続けていく。パナソニックAVC社の山本耕司は、今後の展望を次のように語る。「これからは新技術や新商品を提案するということだけでなく、オリンピックが今後取り組んでいきたい課題やサービスを実現する新しいソリューションを呈示したいと思います。

ソチ大会の舞台裏
ソチ大会の舞台裏

オリンピックをずっとサポートし続けているパナソニックだからこそ今後のオリンピックに何が必要とされているか、そういった課題を解決するワンストップソリューションを提供できるはずです」
AV機器の分野にとどまらず、オールパナソニックという枠組みなら、これまでのオリンピックでは提供できなかったトータルソリューションが必ず呈示できる。次の大会を目指して、パナソニックの新たな取り組みは始まったばかりだ。

ソチ大会の舞台裏

大会レガシーとしてソチの発展に貢献するパナソニック製品

これまでのオリンピックでは、大会を契機に整備された施設は、大会終了後に撤去されているケースもある。しかしソチでは、今大会でつくられたインフラや施設などをそのまま残すものが多い。今後、国際会議や世界的なスポーツ大会をはじめ、様々なイベントの誘致が予定されているからだ。パナソニックがソチで納入した、監視カメラ、施設内の大型映像装置や音響設備、拠点となる施設間を繋いで会議等がおこなえるHD映像コミュニケーションシステム、メディアセンターや放送センターの設備などは、今後の大きなイベントでも重要な役割を発揮するはずだ。

The Panasonic Professional Lineup

大型映像表示装置

業務用プロジェクター

HD映像コミュニケーションシステム

AVセキュリティ機器