パナソニックのこれまでの納入台数

撮影用ビデオカメラ

791台

放送用モニター

6,400台

大型映像表示装置

305面(総面積:9,700m2)
= 50インチテレビのテレビ画面14,000台分の広さ

記録用レコーダー

1,531台

AVセキュリティ機器

15,000台以上

ビデオテープ
(2008年北京大会)

10,700巻 (2,800km以上)
= マラソンコース67回分

放送機器

Rio 2016

さらなる機能の進化で、よりスピーディーなワークフローの実現に貢献しました。

Sochi 2014

機動性にすぐれた「P2HD」シリーズが、高画質でスピーディーな番組制作をサポートしました。

London 2012

3Dライブ放送の実現に貢献し、新たなデジタル映像の世界を切り開きました。

Vancouver 2010

フルラインナップのHD機器で、冬季大会初の「HDオリンピック」を支えました。/span>

Beijing 2008

HD放送技術により、オリンピック初のフルHDをサポートしました。

Torino 2006

極寒の環境でも稼働する機器で、国際映像制作を支えました。

Athens 2004

納入からメンテナンスまで、オリンピックの国際映像制作をトータルサポートしました。

Salt Lake 2002

放送用デジタル機器により、高画質な映像が制作されました。

Sydney 2000

IBCの基盤となる最も重要な部分「放送システム」の構築を請け負いました。

Nagano 1998

IBCの設計から機器の納入など、多岐にわたり大会をサポートしました。

Atlanta 1996

24時間体制でオリンピック放送センターをフルサポートしました。

Barcelona 1992

デジタル放送機器が、アスリートの情熱を高画質で記録しました。

Seoul 1988

高画質アナログ記録を実現し、オリンピックの国際映像制作を支えました。

Calgary 1988

ワールドワイド公式パートナーとして初めて、一部放送局への機器サポートをおこないました。