パナソニックのこれまでの納入台数

撮影用ビデオカメラ

791台

放送用モニター

6,400台

大型映像表示装置

305面(総面積:9,700m2)
= 50インチテレビのテレビ画面14,000台分の広さ

記録用レコーダー

1,531台

AVセキュリティ機器

15,000台以上

ビデオテープ
(2008年北京大会)

10,700巻 (2,800km以上)
= マラソンコース67回分

大型映像表示装置

Rio 2016

進化したディスプレイで 新しいスポーツプレゼンテーション の実現を後押しました。

Sochi 2014

巨大スクリーンやリボン型スクリーンでかつてない映像演出を後押ししました。

London 2012

会場で、沿道で、ライブサイトで。大型映像が臨場感を伝え、人々に感動を届けました。

Vancouver 2010

新開発の高輝度LED表示システムが多くの感動的なシーンを映し出しました。

Beijing 2008

高輝度LED採用により、さらなる軽量化と省電力化を実現しました。

Torino 2006

開会式をはじめ、様々な感動のシーンを多くの人々に伝えました。

Athens 2004

可動式の巨大ディスプレイが、開会式の幻想的な演出をサポートしました。

Salt Lake 2002

総面積644㎡のアストロビジョンが、白銀の世界を鮮やかな映像で彩りました。

Sydney 2000

スタジアムはもちろん、ライブサイトで応援する人々にも感動を伝えました。

Nagano 1998

開会式や競技中など、重要なシーンを大画面映像で伝えました。

Atlanta 1996

100㎡の巨大ビジョンが、競技の感動と興奮をダイナミックに伝えました。