第39回:シリーズ『AIで進化するOCR新事情』(1/2)

これからの「OCR」が切り開く業務の近未来

本シリーズでは、AI(人工知能)によるOCR技術の進化に着目しながら、最新のOCR技術によって何が可能になるかをご紹介しています。その最終回となる今回は、AI OCR機能も含めて、パナソニックのOCR技術が切り開く業務の近未来についてお話しします。

市場をリードするパナソニック「OCR」

パナソニック ソリューションテクノロジーは現在、住所・氏名・会社名・電話番号などの自由手書き文字を高精度に認識する「AI OCR」のエンジンを、お客様のシステムに実装するためのWeb API「クラウドAI OCRサービス」として提供しています。

クラウドAI OCRサービスの活用形態は2つに分かれます。1つは、開発者の方が、自社のシステムにクラウドAI OCRサービスを組み込む形態です。またもう1つは、利用者の方が、パナソニックの帳票用OCRソフトウェア「帳票OCR」の機能としてクラウドAI OCRサービスを使う形態です(図1)。

活用形態(1) 開発者が自社のシステムにAI OCRの機能を組み込む
活用形態(1) 開発者が自社のシステムにAI OCRの機能を組み込む
活用形態(2) 帳票OCRの拡張機能としてAI OCRの自由手書き文字認識の機能を使う
活用形態(2) 帳票OCRの拡張機能としてAI OCRの自由手書き文字認識の機能を使う

図1:「クラウドAI OCRサービス」の活用イメージ

このいずれにおいても、大切なポイントは、AI OCRの機能が、市場をリードする実績豊富なパナソニックのOCR技術に統合されるかたちで提供されている点にあります。

例えば、「クラウドOCRサービス」では、累計出荷1,000万ライセンス以上の実績を持つOCR技術をWeb APIとして提供しています。このサービスを活用することで、AI OCRによる自由手書き文字認識の機能だけではなく、名刺・免許証・領収書/レシートなどを高精度に認識するOCR機能などもあわせてお客様のシステムに簡単に組み込めます。これにより、さまざまな業務ニーズに対応することができます。

また、AI OCR機能の利用が可能になった帳票OCRも、実績豊富な製品です。活字や手書き文字(枠で区切られた手書き文字の認識)、バーコード、QRコード、チェックマークなどを高精度で認識するOCR機能を備え、各種帳票の電子データ化と業務システムへのデータ出力・転送を可能にしています(図2)。こうした帳票OCRの文字認識の能力が、AI OCR機能のサポートによってさらに高められています。

図2:「帳票OCR」が実現してきた帳票の電子データ化イメージ
図2:「帳票OCR」が実現してきた帳票の電子データ化イメージ

帳票OCRではさらに、「RPA(Robotic Process Automation:ロボティックプロセスオートメーション)」ツールによる業務の自動化・効率化を進めるお客様に向けて、RPAツールとの連携用に最適化された「帳票OCR for RPA」がラインアップされています。

帳票OCR for RPAとRPAツールとを組み合わせて利用することで、紙文書の電子データ化から各種業務システムへのデータ入力に至るまでの一連の業務フローの自動化が可能になります(図3)。そして、帳票OCRにおけるAI OCR機能のサポートによって、この自動化の対象となるデータの種類がさらに押し広げられることになります。

図3:「帳票OCR for RPA」とRAPツールの連携イメージ
図3:「帳票OCR for RPA」とRAPツールの連携イメージ

バックナンバー





























商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。