ご利用企業数100社以上。販売実績・累計10万冊のベストセラー!
情報セキュリティの基本が学べるA5判のガイドブック

情報セキュリティ教育にご活用いただけるガイドブックです。イラストを交え、実際のビジネスシーンで起こりうる事例をもとに具体的にわかりやすく説明しています。

情報セキュリティを学習する意義、パソコン・スマートデバイス利用時における注意、個人情報保護など、知っておくべき情報セキュリティの基本について学習できます。業務手順に従って重要ポイントが整理されているため、知識を習得するとともに、日常業務で実用的にご活用いただけます。

また、eラーニング「ビジュアルで学ぶ情報セキュリティ」「テストで学ぶ情報セキュリティ」の副教材としてもご利用いただけます。

ご希望のお客様には社名・ロゴ入れ、カラーの変更、社内規定・会社独自のルールの追記などのカスタマイズにも対応しております。

イメージ1

※別途、カスタマイズ費用が必要です。また、法律に基づく箇所に関しては、法律に基づかない変更はお受けできません。

導入事例

株式会社マスダック様

株式会社マスダック様

情報セキュリティ意識が根付いた社内風土づくり
~ eラーニングとガイドブックで事故を起こさないための情報セキュリティ教育

フレキシブルな受講を可能にするeラーニングとカスタマイズしたガイドブックでより自社にフィットした教育を実現。

学習内容

[第1章]
情報セキュリティの重要性
1-1  情報社会には便利な点が多くあります [p.2]
1-2  情報社会には危険もいっぱい [p.3]
1-3  コンピューターウイルスに感染してしまうと [p.4]
1-4  あなたのコンピューターにも、スパイウェアが潜んでいるかもしれません [p.5]
1-5  あなたのコンピューターは、世界中から不正アクセスの脅威に晒されています [p.6]
1-6  あなたの不適切な行動が、損害をもたらす危険性があります [p.7]
1-7  「ソーシャルエンジニアリング」という言葉を知っていますか? [p.8]
1-8  情報社会で安全に暮らすためには、情報セキュリティの確保が必要です [p.9]
1-9  情報セキュリティ事故を発見したら、速やかに報告しましょう [p.10]
1-10 事故の報告は明確な内容で行いましょう [p.11]
参考 情報セキュリティに関する法律 [p.12]
[第2章]
パソコン・スマートデバイス利用時における注意
2-1  適切なパスワードを設定しましょう [p.14]
2-2  パスワードを適切に管理しましょう [p.15]
2-3  ログイン時のIDを共有してはいけません [p.16]
2-4  他人のID・パスワードを使用してはいけません [p.17]
2-5  ウェブブラウザーのパスワード保存機能を使わないようにしましょう [p.18]
2-6  ウイルス対策ソフトをインストールし、パターンファイルは常に最新の状態にしましょう [p.19]
2-7  ソフトウェアのセキュリティパッチを適用しましょう [p.20]
2-8  常時ウイルスチェックを行いましょう [p.21]
2-9  私物のUSBメモリー(電子記憶媒体)を使用してはいけません [p.22]
2-10 USBメモリー(電子記憶媒体)に機密情報を保存するときは暗号化を行いましょう [p.23]
2-11 業務に関係のないホームページを見てはいけません [p.24]
2-12 掲示板に不正な書き込みをしてはいけません [p.25]
2-13 業務用パソコンに無断でソフトウェアをインストールしてはいけません [p.26]
2-14 私物のパソコンを業務のために使ってはいけません [p.27]
2-15 許可されていないネットワークへ接続してはいけません [p.28]
2-16 パソコンを持ち出す際は、情報漏えい対策を実施しましょう [p.29]
2-17 スマートデバイスは、万一の紛失や盗難を想定し事前に対策をしておきましょう [p.30]
2-18 スマートデバイスのセキュリティ対策を行いましょう [p.31]
2-19 スマートデバイスからの予期せぬ情報漏えいに注意しましょう [p.32]
2-20 ソーシャルメディアは適切に利用しましょう [p.33]
2-21 ソーシャルメディアはその特性をよく理解した上で利用しましょう [p.34]
[第3章]
電子メール利用時における注意
3-1  業務外のメールの送受信を行ってはいけません [p.36]
3-2  電子メールを職場外に転送してはいけません [p.37]
3-3  機密情報を電子メールで送ってはいけません [p.38]
3-4  電子メールの誤送信・誤添付に注意しましょう [p.39]
3-5  電子メールによる詐欺に注意しましょう [p.40]
3-6  身に覚えのない件名の電子メールや添付ファイルを開いてはいけません [p.41]
3-7  HTMLメールを不用意に開いてはいけません [p.42]
[第4章]
情報セキュリティ確保のための日常マナー
4-1  許可なく機密情報をファックスで送信してはいけません [p.44]
4-2  コピーやプリンターの出力紙は直ちに回収しましょう [p.45]
4-3  退勤時には机の上を片付けましょう [p.46]
4-4  離席時や退勤時には、パソコンを不正操作されないための対策を行いましょう [p.47]
4-5  外部から機密情報を入手するときは、慎重に行いましょう [p.48]
4-6  外部から機密情報を受け取る際には、機密保持契約を締結しましょう [p.49]
4-7  営業秘密が漏えいしないように、厳重に管理しましょう [p.50]
4-8  機密情報を含む紙は、裏紙に利用してはいけません [p.51]
4-9  機密情報を含む紙や記録媒体を廃棄する際は、適切に処分しましょう [p.52]
4-10 コンピューターを廃棄する際には、ハードディスクのデータを完全に消去しましょう [p.53]
4-11 会議終了後、ホワイトボードは消してから退室しましょう [p.54]
4-12 職場への来客者に適切に対応しましょう [p.55]
4-13 入出門・入退室管理のルールを守りましょう [p.56]
4-14 無意識に職場外で機密情報を漏らさないように注意しましょう [p.57]
4-15 ネットカフェで業務を行わないようにしましょう [p.58]
4-16 パソコンや機密情報の紛失・盗難に注意しましょう [p.59]
[第5章]
個人情報保護への取り組み
5-1  どうして個人情報保護への取り組みが求められるのでしょうか? [p.62]
5-2  どのような情報が個人情報にあたるのでしょうか? [p.63]
5-3  慎重な心構えで個人情報を活用しましょう [p.64]
5-4  個人情報はライフサイクルを意識して、適切に取り扱いましょう [p.65]
5-5  個人情報を取得する場合には、お客様の同意を得ましょう [p.66]
5-6  個人情報は適正に取得しましょう [p.67]
5-7  個人情報の利用は、同意を得た目的の範囲内でのみ行いましょう [p.68]
5-8  個人情報を第三者に無断で提供してはいけません [p.69]
5-9  個人情報を安全に保管するための対策を実行しましょう [p.70]
5-10 個人情報の内容が正確かつ最新のものに保たれるようにしましょう [p.71]
5-11 個人情報に関するお問い合わせに適切に対応しましょう [p.72]
参考 自分の個人情報も保護しないと [p.73]
付録 チェックリスト [p.76]
参考URL [p.79]
参照法令 [p.81]

ご注文方法

【価格】

1冊:700円 (税抜)
※ 合計10冊以上からの受付となります。
ガイドブックで学ぶ下請法の基礎と組み合わせることも可能です。
※ 個人のお客様には販売しておりません。
※ 掲載価格には消費税は含まれておりません。

【送料】

弊社負担

【お申し込み方法】

ガイドブックのお申し込みは、以下の「ガイドブックのお申し込みフォーム」をクリックし、Webフォームより必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。

【お支払い方法】

  • 事前入金となります。
  • Webフォームよりお申し込み後、弊社より銀行口座・振込金額についてご案内いたします。
  • 弊社にてご入金確認後、テキストを配送いたします。
  • お振り込み手数料は、お客様のご負担でお願いいたします。

お見積書が必要な場合やカスタマイズは、以下の「お問い合わせフォーム」にて承っております。

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。