ファイル名自動設定ソフト
「帳票OCR ファイルネーミング Ver.2」

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

【大切なお知らせ】 販売終了のご案内

2013年2月より販売を行ってまいりました、「帳票OCR ファイルネーミング Ver.2」に関しまして、誠に勝手ながら2018年6月30日をもちまして販売および開発を終了させていただきます。長らくご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

今後の対応については、こちらをご確認ください。

ファイル名自動設定ソフト「帳票OCR ファイルネーミング」 ~複合機やスキャナーでスキャンした大量の紙文書・帳票を、らくらく電子化・らくらく保存~

紙文書や帳票を電子化し、“リネームから仕分けまでを自動化”

「帳票OCR ファイルネーミング」は、複合機やスキャナーから読み込んだ大量の紙文書・帳票などを電子化し、スキャンデータのOCR認識結果をファイル名に設定(リネーム)して、PDFファイルや画像ファイルに保存するファイル名自動設定ソフトウェアです。

また、「帳票OCR ファイルネーミング」では、スキャンデータの保管や仕分け業務を効率化する便利な機能として、複数ページのスキャンデータを自動分割、指定フォルダーへの自動振り分け※1、全文検索が可能な透明テキスト付きPDFファイルへの変換などを搭載しています。

「帳票OCR ファイルネーミング」は、このような課題をお持ちのお客様におすすめ!
スキャンデータのファイル名を自動的につけたい・・・
ファイルサーバーへの登録作業を自動化したい・・・
見積書や注文書などを電子化して保管したい・・・
スキャンデータを全文検索できるようにしたい・・・
帳票をファイル名やフォーマットを条件に自動仕分けしたい・・・※1
大量の書類をフォーマットやQRコードを条件に自動分割したい・・・

「帳票OCR ファイルネーミング」の主な機能

スキャンデータのOCR認識結果やQRコード認識結果をファイル名に設定して保存。紙文書の電子化から保管業務までを効率化。

スキャンデータをPDFや画像ファイルに変換。透明テキスト付きPDFファイルへの変換で、ドキュメント検索が可能に。

複数ページのスキャンデータを、フォーマットやQRコードを条件に自動分割。

スキャンデータのファイル名やフォーマットを条件に、指定フォルダーへ自動振り分け。※1