領収書/レシート認識ライブラリー 商品概要

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

NEW

領収書/レシート認識ライブラリー

■ パナソニック独自開発のレイアウト解析技術により、領収書・レシートを高精度に認識

「領収書/レシート認識ライブラリー」は、スマートフォンで撮影したタクシーの領収書やコンビニのレシートなどを自動的に文字認識(OCR処理)して、文字コードに変換する開発ツールキット(SDK)です。
本ライブラリーを経費精算システムや会計システムなどに組み込むことで、領収書項目の入力作業や、証憑と精算内容の照合作業を大幅に削減できます。これにより、スマートフォンの操作だけで外出先から経費処理業務を完結でき、生産性向上を図れます。

スマートフォンの操作だけで外出先から経費処理業務を完結

※ 当社は、ライブラリーのみのご提供となります。スマートフォンの専用アプリケーションや保管システムなどは、別途必要です。

■ 主な特長

領収書・レシートに特化した高精度OCRエンジンを搭載

タクシーや駐車場など、企業の経費精算で取り扱いが多い領収書・レシートに特化した高精度OCRエンジンを開発しました。
スマートフォンの撮影画像から日付、時刻、合計金額、電話番号、会社名※1、明細などを自動判別し、OCR処理して各項目の情報を取得できます。

領収書・レシート画像内の文字を認識し、テキストデータに変換

※1 会社名は、電話番号から逆引きで表示します。逆引き用の辞書は、別途作成いただく必要があります。

長尺のレシートに対応

複数回に分割して撮影したレシート画像の認識に対応しています。
1回の撮影では収まりきらないPOSロール紙に印字された長尺のレシートを認識することができます。

1回の撮影では収まりきらない長尺レシートの認識が可能

スマートフォンの操作だけで、外出先から経費精算処理が完了

「領収書/レシート認識ライブラリー」は、Windows、iOS、Androidなど幅広いOS※2に対応しています。
本ライブラリーを経費精算システムやアプリケーションに組み込みことで、紙や人手を介在させずに、手軽に領収書やレシートの自動データ化を実現できます。たとえば、スマートフォン用の経費精算アプリに組み込んだ場合、会社に立ち寄らずにスマートフォンの操作だけで経費精算処理を完結できるので、外回りの営業や保守・点検などのサポート担当者にとって時間の有効活用につながり、柔軟な働き方を促進します。

経費精算アプリに組み込んだイメージ

※2 Linux版の詳細は、別途お問い合わせください。

マルチスレッド対応により、大量文書の高速処理を実現

マルチスレッドに対応しました。クラウドサービスなどの大量文書の高速処理を実現し、さらにサーバーアプリケーションに多い64ビットアプリケーションへの組み込みが可能になりました。

マルチスレッド対応で高速処理を実現

カメラで撮影した画像の歪みを自動補正

スマートフォンやタブレット端末などのカメラで撮影した画像の歪みは、台形補正機能で自動補正することで、文字認識精度の向上を実現します。

歪み補正により文字認識精度が向上

■ 導入事例

株式会社NTTデータ・スマートソーシング様

e-ZERO

入力代行や経費申請のチェック代行、電子帳簿保存法対応など、経費精算にて発生するオペレーションを代行するBPOサービス「e-ZERO」に、領収書/レシート認識ライブラリーが採用されています。これまでのデータ入力代行業務では、オペレーターが大量の領収書やレシートをすべて目視で確認し、データを手入力していたため、業務の効率化が大きな課題でした。OCRを導入したことで、領収書やレシートの入力に要する時間が削減され、データ入力代行業務の効率化を実現しました。

【導入商品】 領収書/レシート認識ライブラリー
【使用用途】 経費管理BPOサービス「e-ZERO」

領収書/レシート認識ライブラリー