活字認識ライブラリー 動作環境

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

活字認識ライブラリー Ver.15

■ 開発環境

コンピューター本体

Intel Core i3 以上のCPUを搭載したパーソナルコンピューター
(インストール時にCD-ROMドライブが必須)

基本ソフトウェア

Microsoft Windows 10 SPなし
(Home、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 8.1 SPなし
(無印、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 7 SPなし / SP1
(Starter、Home Premium、Professional、Enterprise、Ultimate)
※ Windowsの各エディションは、日本語版に限り対応しています。

開発環境

Microsoft Visual Studio 2017
Microsoft Visual Studio 2015
Microsoft Visual Studio 2013
Microsoft Visual Studio 2012
Microsoft Visual Studio 2010 SP1
Microsoft Visual Studio 2008 SP1

開発言語

ネイティブ

Microsoft Visual C++

.NET

Microsoft Visual C#
Microsoft Visual Basic

コピープロテクト

本ソフトウェアはコピープロテクトされています。
USBキーを開発環境のUSBポートに接続する必要があります。

※ 記載内容はVer.15.52における開発環境です。

■ 動作環境

コンピューター本体

Intel Core i3 以上の上記OSが正常動作するCPU
(インストール時にCD-ROMドライブが必須)

基本ソフトウェア

Microsoft Windows 10 SPなし
(Home、Pro、Enterprise、Education)
Microsoft Windows 8.1 SPなし
(無印、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 7 SPなし / SP1
(Starter、Home Premium、Professional、Enterprise、Ultimate)

Microsoft Windows Server 2016 SPなし
(Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2012 R2 SPなし
(Foundation、Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2012 SPなし
(Foundation、Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
(Standard、Enterprise、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2008 SP1 / SP2
(Standard、Enterprise、Datacenter)
※ Windowsの各エディションは日本語版に限り対応しています。

メモリー

上記OSが必要とする最低メモリーに加えて256MB以上(512MB以上を推奨)

コピープロテクト

本ソフトウェアはコピープロテクトされています。
USBキーを動作環境のUSBポートに接続する必要があります。

ランタイム

Visual C++ライブラリのランタイムコンポーネントが必要です。「Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86) 」(64ビットモジュールの場合は、Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64))を別途入手し、動作環境へインストールしてください。

.NET Framework

3.5、4.0
※ .NET APIを利用する場合のみ

※ 記載内容はVer.15.52における動作環境です。

ファイルコンバートオプション Ver.4

■ 開発環境

コンピューター本体

Intel Core i3 以上のCPUを搭載したパーソナルコンピューター
(インストール時にCD-ROMドライブが必須)

基本ソフトウェア

Microsoft Windows 10 SPなし
(Home、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 8.1 SPなし
(無印、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 7 SPなし / SP1
(Starter、Home Premium、Professional、Enterprise、Ultimate)
※ Windowsの各エディションは、日本語版に限り対応しています。

開発環境

Microsoft Visual Studio 2017
Microsoft Visual Studio 2015
Microsoft Visual Studio 2013
Microsoft Visual Studio 2012
Microsoft Visual Studio 2010 SP1
Microsoft Visual Studio 2008 SP1

開発言語

ネイティブ

Microsoft Visual C++

.NET

Microsoft Visual C#
Microsoft Visual Basic

コピープロテクト

本ソフトウェアはコピープロテクトされています。
USBキーを開発環境のUSBポートに接続する必要があります。

※ 記載内容はVer.4.21における開発環境です。

■ 動作環境

コンピューター本体

Intel Core i3 以上の上記OSが正常動作するCPU

基本ソフトウェア

Microsoft Windows 10 SPなし
(Home、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 8.1 SPなし
(無印、Pro、Enterprise)
Microsoft Windows 7 SPなし / SP1
(Starter、Home Premium、Professional、Enterprise、Ultimate)

Microsoft Windows Server 2016 SPなし
(Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2012 R2 SPなし
(Foundation、Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2012 SPなし
(Foundation、Essentials、Standard、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
(Standard、Enterprise、Datacenter)
Microsoft Windows Server 2008 SP1 / SP2
(Standard、Enterprise、Datacenter)
※ Windowsの各エディションは日本語版に限り対応しています。

メモリー

上記OSが必要とする最低メモリーに加えて256MB以上(512MB以上を推奨)

コピープロテクト

本ソフトウェアはコピープロテクトされています。
USBキーを動作環境のUSBポートに接続する必要があります。

ランタイム

Visual C++ライブラリのランタイムコンポーネントが必要です。「Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86) 」(64ビットモジュールの場合は、Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64))を別途入手し、動作環境へインストールしてください。

.NET Framework

3.5、4.0
※ .NET APIを利用する場合のみ

※ 記載内容はVer.4.21における動作環境です。

図形ベクター化オプション Ver.2

コンピューター本体

Pentium 200MHz相当以上のCPUを搭載したパーソナルコンピューター

基本ソフトウェア

Microsoft Windows 2000 Professional 日本語版
Microsoft Windows XP Home Edition 日本語版
Microsoft Windows XP Professional 日本語版

メモリー

64MB(128MB以上を推奨)