RPAソリューション:自社活用で培ったRPAノウハウで、お客様に最適な「シナリオ作成・検証」から「導入・運用」までワンストップでサポート!

RPAソリューション

お問い合わせ受付窓口 お問い合わせ受付窓口

『日々の定型作業にかかる時間と労力を削減したい・・・』
このようなお悩みはありませんか?

「業務システムへのデータ入力」、「紙文書の電子化」、「データ分析やレポート作成」・・・など、これまで人がキーボードやマウスで行ってきたパソコン上の定型作業は、 RPA※1を活用することによってコンピューターにインストールしたソフトウェア(ロボット)が記憶し、さまざまな業務を自動化・省力化することが可能です。

パナソニックのRPAソリューションは、自社のRPA活用で培ったノウハウを生かし、たとえば「RPA × OCR連携(帳票電子化作業)」、「RPA × BI連携(データ分析作業)」など、お客様の業務内容や業務課題をヒアリングのうえ、最適なRPA導入に向けて「シナリオ作成・検証」から「導入・運用」までをワンストップでサポートします。

※1 RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、ソフトウェア(ロボット)によってホワイトカラーのPC操作など、定型作業を自動化させる技術を指します。

RPAソリューションによる業務改善イメージ

パナソニック ソリューションテクノロジーが提供するRPAソリューション

さまざまな業務システムに最適なRPA製品を組み合わせてワンストップで提供することで、お客様の業務効率化と生産性向上をご支援します。

RPAと業務システムの連携イメージ(紙文書電子化/文書管理/コンテンツ管理/ワークフロー管理/データ分析)

RPAを使うと、何ができるの?

【RPAで自動化できる作業例】
プロセスやルールが定義されているパソコン上の定型作業にRPAを適用することで、さまざまな業務を自動化・省力化することが可能です。

データのチェック
エクセルなどのファイルの値と、業務システムに入っているデータの整合チェックを行う。

定型メールの送信
ロボットで実行した作業結果を、担当者にメールで通知する。

請求書の作成
業務システムに入っている請求情報を転記して、請求書を自動作成する。

Webでの情報収集
他社商材の販売価格を複数のECサイトで確認し、エクセルの一覧にまとめる。

システムへのデータ入力
エクセルやCSVファイルなどのデータを、業務システムに登録する。



RPAのご利用シーン

業界別
金融
  • ローン審査、クレームの照合処理
  • 新規口座開設の認証
  • フォーム記入、レポート作成
保険
  • 新規顧客のアカウント作成
  • 保険請求処理
通信
  • 顧客データの収集、アプリへの情報転送
  • 顧客管理システムのデータバックアップ
  • 競合の価格情報などの抽出
ヘルスケア
(病院など)
  • 患者データの移行・処理・保存
  • ドクターへのレポート作成
  • 医療費の請求処理
小売
  • 在庫情報や商品情報の更新
  • Web注文情報のインポート、受注システムへのオーダーエントリー
官公庁
  • 各種手続きの照合処理
  • 下請け業者への仕事の差配
  • 新旧システム間のデータ連携・統合
業務別
財務・会計・経理
  • 請求処理、仕分け
  • 財務レポートの作成
  • 経費精算
人事・労務
  • 従業員情報のシステム登録・更新
  • 休暇申請の処理・管理
  • 人事考課の入力管理
情報システム
  • 新規アカウントの作成
  • ソフトウェアのインストール・更新
  • プリンターのセットアップ
営業
  • 営業訪問日程の登録・更新
  • 担当取引先情報の登録・更新
  • 見積書の自動作成

RPAソリューションの5つの特長

1. 時間と手間がかかる定型業務をRPAで自動化し、社員のリソースをコア業務にシフト可能

2. 累計出荷数1,000万以上※2の高精度OCRエンジンで、紙帳票の電子化・仕分け・保管を自動化

3. データ分析を熟知した専門家が最適なデータ設計からレポート作成までの自動化をサポート

4. 自社でのRPA活用ノウハウを生かし、お客様に合った業務自動化シナリオをご提案

5. OCR・文書管理・ワークフロー・分析など、当社サービスとRPAを組み合わせたご提案も可能

※2 当社OCR商品におけるシリーズ全体のライセンス累計出荷数。

活用事例

紙文書データ自動入力ソリューション

RPAと帳票OCRソフトを連携して、紙文書の電子化からシステムへのデータ入力まで、一連の作業を自動化します。
当社はRPAとOCRの専門家として、自動化する帳票のフォーマット検討やシナリオ作成など、幅広くご提案します。

導入前の課題

  • 単純作業であるが、毎回時間がかかる・・・
  • より付加価値の高い業務に注力したいが、社員の工数が足りない・・・
  • オペレーションミスが発生してしまう・・・
紙文書を手作業でデータ入力するイメージ
この問題をRPAで解決!

導入後の効果

「RPA × OCR連携」による自動化で、毎回時間がかかっていた定型作業から解放され、社員をコア業務にシフトすることが可能となりました。
また、オペレーションミスも軽減し、業務の正確性向上と生産性向上を実現しました。

紙文書をOCR処理して、業務システムへ自動入力するイメージ

データ分析自動化ソリューション

RPAとBIツール(Tableau)を連携して、データの抽出・集約からレポート作成まで、一連の作業を自動化します。
当社のデータ分析・活用ノウハウを生かし、お客様のご要望に基づいて最適なデータ設計やレポート作成をご提案します。

導入前の課題

  • データの抽出や集約に、多大な時間と手間がかかる・・・
    (場合によっては、システム部門への依頼も発生する。)
  • 分析方法が社員のスキルに依存してしまう・・・
手作業によるデータ分析・レポート作成のイメージ
この問題をRPAで解決!

導入後の効果

「RPA × BI連携」によって、社内システムからデータを自動的に抽出して集約できるので、手間のかかる作業から解放されました。
また、分析の専門家によるレポートのテンプレート設計で、社員のスキルに依存することなく、精度の高い分析結果を自動的に得ることが可能となりました。

業務システムのデータを自動抽出し、分析レポートを生成するイメージ

ご利用までの流れ

RPAの導入検討から実導入・運用保守まで、次のようなステップで進めます。

  サマリー 実施項目
導入計画
  • 業務を可視化し、RPA適用業務を選定
  • RPAツールの選定、およびPoC実施の必要性を検討
  • 対象業務の整理・一覧化
    (操作マニュアルの確認・ヒアリングなどを含む)
  • RPAによる自動化対象業務の選定
  • 導入・開発環境の準備
検証
(PoC※3
  • RPA適用業務で使用するシステムやツールなどでPoCを実施
  • 選定したPRAツールの導入可否を検討
  • PoC対象の選定・実施
  • 実導入に必要な資料の作成
  • 実導入の判定
実導入
  • スクリプト要件定義・設計・実装を行う
    ※アジャイル型開発で、現場へのヒアリングとスクリプト開発を短い期間で繰り返し行います。
  • 設計書の作成
  • 現場業務のヒアリング
  • 開発・運用ルールの整理
  • スクリプトの作成、テストの実施
  • 本番導入
運用・保守
  • 操作方法のレクチャーと、お客様からのフィードバックを基とした改善サイクルを実行
    (バグFIXも含む)
  • 引き継ぎの実施
  • 操作方法などのレクチャー
  • 運用マニュアルの作成
  • 改善要望の整理
  • 体制構築(CoE※4
  • 対応者の育成

※3 PoCとは、Proof of Concept(プルーフ・オブ・コンセプト)の略で、「概念実証」という意味。新しいプロジェクトが本当に実現可能であるか、検証する行程を指します。
※4 CoEとは、Center of Excellence(センター・オブ・エクセレンス)の略で、「組織を横断する部署や役割」などを指します。

価格

※ 価格と保守サポートメニューなどの詳細は、お問い合わせください。

関連リンク

PDFファイルが開きます。(212KB)

商品に関するお問い合わせ

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。