標的型攻撃対策ソリューション「FFRI yarai」 ~未知の脆弱性やマルウェアを検知・防御する次世代エンドポイントセキュリティ【ランサムウェアにも効果絶大】~

標的型攻撃対策ソリューション
「FFRI yarai(エフエフアールアイ ヤライ)

標的型攻撃は従来型のウイルス対策ソフトでは防ぎきれません・・・企業が今すべきセキュリティ対策とは?標的型攻撃対策(0-day脆弱性・アンチウイルス未検出・IDS未検出など)に特化したセキュリティ対策が必要!
セキュリティの更新やプログラムの適用を、すぐに行えない環境のお客様

セキュリティの更新やプログラムの適用を、すぐに行えない環境のお客様

海外の企業や拠点とのやり取りが多く、マルウェアが混入しやすい環境のお客様

海外の企業や拠点とのやり取りが多く、マルウェアが混入しやすい環境のお客様

十分にウイルス対策を行なっているが、漠然とした不安を抱えたお客様

十分にウイルス対策を行なっているが、漠然とした不安を抱えたお客様

貴重な技術・特許情報を持ち、標的型攻撃を懸念しているお客様

貴重な技術・特許情報を持ち、標的型攻撃を懸念しているお客様
 

このような課題を持つお客様のIT環境(情報資産)を未知のマルウェアや脆弱性攻撃から守ります!

標的型攻撃やランサムウェア攻撃に特化した
次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」

日々増え続ける新種のマルウェアに対抗するため、新しいタイプのエンドポイントセキュリティが注目されています。

  • シグネチャタイプのセキュリティ対策では検知できない・・・
  • 高度なセキュリティ対策を実施しても侵入を防げない・・・
  • 社内ネットワーク以外からの感染を防げない・・・

など、従来のセキュリティ対策では高度化・巧妙化する攻撃を防ぐことはできません。

そこで注目を浴びているのが、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」です。
実際にマルウェアが活動するPC(エンドポイント)上で動作することで、より高度な検知・防御が可能となります。

FFRI yaraiによるマルウェアの検知イメージ

FFRI yaraiによるマルウェアの検知イメージ

  • シグネチャに頼らない完全振る舞い型検知で、未知のマルウェアも検知・防御が可能!
  • ネットワーク以外からの感染も検知・防御が可能!
  • 通信やマルウェアが暗号化されていても検知・防御が可能!

まずは30日間、FFRI yaraiの無料お試し版ソフトをお気軽にご利用ください!

次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」が選ばれる7つの理由

1. 振る舞い検知で未知の脅威を撃退

2. 5つの防御エンジンで高精度な多層防御

3. PCにインストールするだけで容易に導入可能

4. 実際にマルウェアが活動するエンドポイントで動作

5. 多種多様なマルウェアや攻撃に対する豊富な防御実績

6. PCのパフォーマンスを損なわない低負荷動作

7. 官公庁や金融機関をはじめ、幅広い業界で採用

従来のウイルス対策ソフトのようなパターンファイルに依存しない “挙動検知型”の「5つの高性能エンジン」で多層防御!

ZDPエンジン

ZDPエンジン

メールやWebページ閲覧時の攻撃など、既知・未知のセキュリティ脆弱性を狙ったウイルス攻撃を防御。
 

Static分析エンジン

Static分析エンジン

プログラムを動作させることなく分析。「PE構造分析」、「リンカー分析」、「パッカー分析」、「想定オペレーション分析」など多数の分析手法「N-Static分析」で検知。

Sandboxエンジン

Sandboxエンジン

仮想CPU、仮想メモリー、仮想Windowsサブシステムなどで構成される仮想環境上でプログラムを実行。独自の「U-Sandbox検知ロジック」で命令の組み合わせに基づいて検知。

HIPSエンジン

HIPSエンジン

実行中プログラムの動作を監視。他プログラムへの侵入、異常なネットワークアクセス、キーロガーやバックドア的な動作などの挙動を、独自の「DHIPSロジック」 で検知。

機械学習エンジン

機械学習エンジン

FFRIが収集したマルウェアに関するビッグデータを元に実行中のプログラムを監視。ビッグデータ上の振る舞い特性を抽出し、機械学習で分析した特徴により端末上の悪意ある挙動を検知。

まずは30日間、FFRI yaraiの無料お試し版ソフトをお気軽にご利用ください!

■ FFRI yaraiの防御実績

種類

時期

内容

ランサムウェア

2018年4月

ランサムウェア「Satan」

2018年4月

ランサムウェア「GandCrab」

2018年1月

ランサムウェア「SpiteCoin」

2018年1月

ランサムウェア「Rapid」

2017年12月

ランサムウェア「Spider」

2017年10月

ランサムウェア「Bad Rabbit」

2017年6月

ランサムウェア「GlobeImposter」

2017年5月

ランサムウェア「WannaCry(WannaCrypt)」

2017年1月

ランサムウェア「Spora」

2016年4月

パソコンの操作自体をできなくしてしまうランサムウェア「PETYA」

2016年2月

パソコン内のファイルを暗号化してしまうランサムウェア「Locky」

2015年12月

パソコン内のファイルを暗号化してしまうランサムウェア「TeslaCrypt(vvvウイルス)」

バンキングマルウェア

2018年3月

バンキングマルウェア「Panda Banker」

2016年6月

不正送金マルウェア「Gozi」

2016年2月

不正送金マルウェア「URLZone」(別名:「Shiotob」、「Bebloh」)

2015年10月

バンキングマルウェア「SHIFU」

2015年3月

バンキングマルウェア「DRIDEX」

2014年9月

オンラインバンキング取引を傍受して金銭を詐取するMITBマルウェア(Game Over Zeus v3)

脆弱性攻撃

2018年5月

Windows VBScript エンジンの脆弱性(CVE-2018-8174)を突いた攻撃

2018年5月

Adobe Acrobatの脆弱性(CVE-2018-4990)を突いた攻撃

2018年4月

Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2018-4878)を突いた攻撃

2017年1月

Firefoxの脆弱性(CVE-2017-5375)を突いた攻撃

2015年7月

Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-5122)を突いた攻撃

2015年7月

Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-5119)を突いた攻撃

2015年1月

Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-0311)を突いた攻撃

2014年11月

一太郎の脆弱性(CVE-2014-7247)を突いた攻撃

2014年3月

Microsoft Wordの脆弱性(CVE-2014-1761)を突いた攻撃

2014年2月

Microsoft Internet Explorerの脆弱性(CVE-2014-0322)

その他の攻撃

2017年12月

仮想通貨採掘マルウェア「CoinMiner」

2017年12月

「楽天カード株式会社」を装ったマルウェア

2017年8月

国内防衛産業を標的としたマルウェア

2017年5月

仮想通貨採掘マルウェア「Adylkuzz」

2017年1月

IoTマルウェア「Mirai」

2016年4月

仮想環境を利用した自動解析(サンドボックス技術)を阻害するマルウェア

2015年6月

日本年金機構を狙ったマルウェア「Emdivi」

2015年2月

ハードディスクのファームウェアの書き換えを行うHDDファームウェア感染マルウェア

2014年12月

ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント社の攻撃に利用されたシステム破壊型マルウェア

2014年11月

医療費通知を装ったメールで感染するマルウェア

2014年11月

ホテル宿泊者を標的にした攻撃「Darkhotel」マルウェア

2014年10月

POS端末上で動作するPOSマルウェア

2014年9月

パソコンを遠隔監視・制御することができる「FinFisher(FinSpy)」マルウェア

2013年3月

韓国の放送局や銀行などがシステムダウンした韓国サイバー攻撃

※ 記載されているFFRI yaraiの防御実績は、株式会社FFRIによる検証結果の一例です。詳細についてはお問い合わせください。

■ 他社アンチウイルス商品との併用で多層防御

動作確認済み商品の最新情報に関しては、お問い合わせください。

■ 管理者用の統合管理コンソール

統合管理コンソールの導入により、小規模なオフィスから大規模なネットワークまで運用が可能です。
管理者は、パッチ自動配信、ログ一元管理、バージョン管理、ポリシー配布など、クライアント端末の一元管理を行えます。

  • コンソールからのプッシュ型インストール
  • ポリシー配布による集中管理
  • インストール状況およびアップデートの把握
  • ライセンス管理
  • イベントログ管理
統合管理コンソール

■ FFRI yarai運用代行サービス

FFRI yaraiは導入したいが運用する余裕がないという方へ、パナソニックがFFRI yaraiの運用に必要となる各種作業を代行します。

<導入のメリット>

  • 標的型攻撃を一元管理
    管理コンソールを通じたアラート検知により、標的型攻撃の状況をリアルタイムに把握。サマリーレポートの提出により、標的型攻撃の状況を一元管理することができます。
  • 管理者の運用負荷を軽減
    運用における作業を当社が代行することで、運用管理者の業務負荷を軽減できます。
FFRI yarai運用代行サービス

まずは30日間、FFRI yaraiの無料お試し版ソフトをお気軽にご利用ください!

動作環境

OS

エディション

CPU

メモリー

ハードディスク

Microsoft Windows 7

32bit版
64bit版

  • Starter
  • Home Premium
  • Professional
  • Enterprise
  • Ultimate

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows 8.1

32bit版
64bit版

  • Core
  • Pro
  • Enterprise

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows 10

32bit版
64bit版

  • Home
  • Pro
  • Enterprise
  • Education

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows Server 2008

32bit版
64bit版

  • Standard
  • Enterprise
  • Datacenter

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows Server 2008 R2

64bit版

  • Standard
  • Enterprise
  • Datacenter

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows Server 2012

64bit版

  • Standard
  • Datacenter

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows Server 2012 R2

64bit版

  • Standard
  • Datacenter

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

Microsoft Windows Server 2016

64bit版

  • Standard
  • Datacenter

1GHz 以上
(デュアルコア必須)

2GB以上

1GB以上の空き容量

※ 本ソリューションは、株式会社FFRIの「FFRI yarai」を用いて、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社が提供する標的型攻撃対策ソリューションです。
※ 記載されている「FFRI yaraiの防御実績」は、株式会社FFRIによる検証結果の一例です。詳細についてはお問い合わせください。
※ コンピュータ数などによって価格が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

商品に関するお問い合わせ

「既知・未知の脆弱性攻撃やハッカー攻撃を防ぎたい」、「重要な特許情報や個人情報などのセキュリティを強化したい」など、標的型攻撃対策に関わるお悩みを解決します。まずは30日間、無料お試しソフトをお気軽にご利用ください!

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
電話番号: 0570-087870
    受付時間: 9時00分~17時30分 (土・日・祝・当社指定休業日を除く)

お問い合わせイメージ お問い合わせイメージ

※ 記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。