コネクテッド・カー対応やドライブアシスト機能対応などにより、車載ソフトウェアの規模は増大かつ複雑化する一方で短納期化と高品質が求められています。これら課題を解決し、高機能で高品質な製品開発を実現する車載ソリューションをご提供します。

【当社の特長】

  • 高品質な車載向け組み込みソフトウェア開発を実現
  • ディスプレイオーディオ、カーナビゲーションシステム等の車載機器向けソフトウェアの豊富な開発実績
  • トータル開発工数を低減するプラットフォーム設計

選ばれる理由

仕様検討段階から商品開発まで

要求仕様の明確化を行う先行検討の段階から参画し、性能から品質までトータルに考えてシステムの全体設計を行うことができます。特に車載機器は多数の品種展開が必要となるのが特徴ですが、ソフトウェアコンポーネントの再利用性を考慮して共通に使えるプラットフォーム部と機種固有部分を区分けし、品質を担保しつつトータル工数を低減するシステム設計ができます。
さらに、先行検討からスムーズに商品開発に移行し、商品の出荷後の保守までのソフトウェア開発のライフサイクルをトータルに担当することが可能です。

交渉も責任をもってやりきります

ソフトウェア開発の範疇にとどまらず、カーメーカー様をはじめ多くのステークホルダーとの折衝・調整を担当させていただきます。品質・機能を満たすことは譲れないところですが、一方で短納期化も重要となってきています。当社の豊富な経験を活かし、これらの課題の解決へのご提案が可能です。お客様の立場に立って責任をもって課題解決をやりきります。

ローコスト開発

当社のパートナーであるパナソニックR&Dセンターベトナムやパナソニックソフトウェア開発センター大連(有)との連携により開発費の低減を図ることができます。
両社とも会社設立当初に私たちがトレーニングを受け持って以来、長い付き合いの中で信頼関係を構築してきました。プロジェクト立ち上げや商品出荷前は日本に集結し、課題解決を迅速に行うことが可能です。このような柔軟な対応ができるのも大きなメリットです。

インフォテインメント機器の価値を向上させるキー技術

開発者の思い

高度化した課題を高い技術力で解決

今川 綾

車載向けインフォテインメントシステム開発におけるAV機能の開発を担当しています。
インフォテインメントシステムは、お客様に快適空間をもたらす車内における重要なエンターテイメントシステムです。
AV機能は古くから実現されておりますが、近年、モバイル端末との連携が進み、システムに求められる機能が高度化してきています。
当社はAV機能開発において多くの開発実績を持ち合わせており、高度化した課題に対して高い技術力を駆使し解決していく技術集団です。
経験豊富な技術者と共に技術開発を行い、技術を継承し、技術者としての成長を感じることができるのが当社の特徴だと思います。

今川 綾

私の MORE ADVANCED

困難を乗り越え、世の中の役に立つ

近年の開発においてはオフショアを活用したローコスト開発・高効率開発が求められます。
AV機能の開発でも、日本・インド・シンガポール・ベトナム・中国の技術者が一丸となり技術開発を行っています。
私は、多国籍の技術者をサポートし、時には現地に赴き、直接指導することもあります。
開発当初は、他国の技術者との間に文化・考え方の擦れ違いがあり、意思疎通が取りにくく品質が安定しませんでしたが、日本流の品質に対する考えを説き続けることで、品質を安定させることが出来ました。
また、私は総勢約80名で開発した成果物をAV機能として組み上げる役割も担っています。
組み上げたソフトウェアに不具合が発生した際には、原因の解析から始め不具合を解決まで導き、お客様に予定通りに成果を提供する責任を担っております。
難解な不具合の場合は、解決までに多くの時間を費やすこともありますが、一緒に開発しているメンバーと共に課題解決ができたときが最高の瞬間です。
そして、先日のモーターショーでは私自身が携わった製品が発表されました。自分が創った成果が世に出て世の中で役に立つ、それを実感できたときが技術者という道を選んで良かったと感じる瞬間です。

【当社の特長】

  • ISO 26262 に適合したバッテリマネジメントシステムを構築できます。
  • ソフトウェア、ハードウェアを含むシステム全体としての機能安全対応が可能です。
  • 機能安全規格に準じた開発プロセスの構築が可能です。
  • 要件を満たす機能をAUTOSAR 上に実装した開発実績があります。

選ばれる理由

機能安全対応

ISO26262に適合したASIL対応の車載バッテリマネジメントシステムを構築できます。
ソフトウェアのみならず、ハードウェアの機能安全対応とあわせたシステムとしての機能安全対応が可能です。機能安全規格に準じた開発プロセスの構築が可能です。

AUTOSAR/モデルベース開発に対応

AUTOSAR・モデルベースでの開発実績があり、要件を満たす機能をAUTOSAR上にモデルベース開発で実装することが可能です。

HILS対応

HILS(Hardware In the Loop Simulator)での検証実績があり、要件に基づく制御用ECU ソフトウェアの検証を仮想的な環境の中で実現することで、開発期間の短縮やソフト品質を向上することが可能です。

開発者の思い

開発プロセスからの構築

清澤 佑太

2013年から車載向けバッテリマネジメントシステムの開発リーダを担当しています。

担当したバッテリマネジメントシステムは監視系ユニット、制御系ユニットから構成される分散システムを初めて採用するシステムであり、加えて、機能安全、AUTOSARの両対応を要件として初めて求められたシステムでもありました。そこで、機能安全、AUTOSARの両方を対応可能な当社が受託することになりました。

お客様には既存の開発プロセスがありましたが、機能安全開発を行うにあたり機能安全規格に準じた開発プロセスの構築も行う必要があり、安全計画、安全分析、安全設計、安全検証までトータルに対応可能であることが当社を選定いただいた大きな理由でした。

清澤 佑太

私の MORE ADVANCED

「高性能 × 安全」の両立を追求

安全達成のための機能安全開発プロセスを立ち上げながら、同時にシステム/ハード/ソフトの機能安全対応開発を行っていかねばなりません。さらに、当時 誰も経験がなかったAUTOSAR 上での機能安全対応アーキテクチャ構築が必要でした。
安全要件をシステムに最適な方法で実現するためには、機能安全だけでなく対象製品の技術に対する深い理解と、高いアーキテクチャ設計能力が要求されます。新たなシステムを構築するためには、私たちの衆知を集めるのはもちろんのこと、私自身が先頭に立ってさまざまな課題を解決していく必要がありました。

  • 要求分析およびカーメーカー様との仕様合意
    数ヶ月間にわたって、何度も提案をブラッシュアップし粘り強く交渉
  • 安全分析の実施
    回路の故障分析、故障率算出を実施し、各故障モードに対してハードウェア対策の検討、ソフトウェアによる故障検出を提案
  • 安全機能を切り離すことが難しい既存アーキテクチャの再構築
    安全に直接関係しない機能(QM)、ASIL の対応レベルの異なるプロセスがそれぞれ影響を与えず動作するアーキテクチャをAUTOSAR上に実現
  • 開発マネジメント、システム設計・開発を、プロセス構築しながら実施
    既存の開発プロセスを見直し、機能安全規格に準じた開発プロセスを構築

このように、ソフトウェア/ハードウェアの開発だけでなく、プロセス構築も含めた機能安全対応、製品技術の掘り下げによるシステムトータルでのお役立ちができることが私たちの強みです。
当初は難航していたプロセス構築も順調に立ち上げることができ、現在は次の世代のシステム開発も担当させていただいています。バッテリーそのものの性能の良さも、安全に使っていただけるようにしてはじめて普及すると考えています。
これからも「高性能 × 安全」を追求して行きたいと思います。

当社は、著作権保護やネットワーク保護、制御情報保護等のセキュリティ分野において、20年にわたる商品開発の実績があります。また、特に高いセキュリティを必要とされるICカード開発においては、国際標準であるISO/IEC15408の海外認証取得機関によるEAL4+認証取得経験があります。これらのノウハウを活かし、現在はよりクリティカルな車載分野やIoT分野のセキュリティ開発に注力しています。

長年のノウハウを最大限活用するため、セキュリティ機能で必要となる共通機能をセキュアフレームワークとしてクラスライブラリ化しています。このセキュアフレームワークは、高いセキュリティを確保しながら、実行速度や使用メモリ量等の観点でチューニングされており、高品質・高性能なセキュリティと開発コスト低減の両立が可能です。

また、セキュリティの高いシステムを設計するためには、あらゆるケースの攻撃に耐えうるよう脆弱性分析を漏れなく行う必要があります。一方、必要以上にセキュリティを強固にすると、性能劣化を引き起こし、ユーザの使い勝手が悪くなってしまいます。

この問題に対し、当社は豊富なセキュリティ開発経験に基づき、難解で手間のかかる脆弱性分析を支援するツールを開発し、さまざまな脅威や脆弱性をデータベース化しています。これらのツールを駆使することで、お客様の要件に最適なセキュリティ設計を提案・実現します。

【当社の特長】

  • BD レコーダやデジタルTV、スマートフォンをはじめとする多様な組み込み製品への商品化実績があります。
  • セキュアフレームワークにより高いセキュリティ強度を低コストで実現できます。
  • 脅威分析ツール/ データベースによる最適かつモレのないセキュリティ設計の提案・実現が可能です。

選ばれる理由

百戦錬磨の著作権保護開発

著作権保護規格書の理解はもちろんのこと、ライセンサーとの長年のやりとりで培った設計上のポイントを熟知していますので、設計から認証取得までをトータルにサポートさせていただくことが可能です。

ハード、ソフト最適設計

お客様のシステム・環境に応じた提案ができます。CPU 使用率や各種バス負荷、メモリ効率、キャッシュ特性など システム全体にわたって最適化を行うため、消費電力やストリーム処理性能、ユーザインタフェース応答性等、既存システムへの影響を最小限に抑えます。
また、セキュアを実現する仕組みとして、セキュリティ要件に応じたソリューションを提供できます。各種HSM (Hardware Security Module)やARM TrustZone® を使ったハードウェアソリューションとソフトウェア耐タンパー技術など、お客様の要件に合わせたソリューションをご提供できます。

先端技術へのチャレンジ

セキュリティ脅威はクラッキング技術の向上に伴い日々高まっています。当社ではセキュリティに関する最新動向を常にチェックし、お客様の大切な情報資産を守るための技術の強化に努めています。

開発者の思い

確実に守れること

倉内 伸和

私は2004 年から組み込み機器向けのセキュリティ開発に従事しています。
なかでも著作権保護規格の実装を数多く経験しています。当社の強みは規格と実装の双方に精通しているところです。
著作権保護機能の開発にあたっては規格ライセンサーとの複雑なやりとりを行う必要があります。私たちは規格ライセンサーとの長年の付き合いがあり、スムーズな契約締結に向けてのご支援が可能です(契約はお客様で行っていただく必要があります)。
また、著作権保護などセキュア関連の規格は単に規格書通りに動作するだけでは不十分で、各種の攻撃に耐えて秘密鍵などの秘匿情報を安全に守る実装を行わなければなりません。当社では ARM TrustZone® を始めハードウェア保護機構を使った著作権保護システムの設計・実装を行うことができます。
当社はISO 27001 の認証を受けておりセキュリティレベルの高い開発が可能です。特に秘匿性の高い開発はネットワーク隔離、入出管理、カメラ監視が可能な部屋で独立して開発することが可能です。

倉内 伸和

私の MORE ADVANCED

「安全・安心」の実現

お客様のパートナー様から提供されたハードウェア/ ソフトウェアが、要件を満たしていないことが開発後期に発覚し、緊急で対策する必要が生じたことがありました。開発後期ということもありハードウェア変更はできないため、急遽当社担当のソフトウェアで代替機能を実現し回避しました。この際に、代替案ごとに詳細なセキュリティ分析を急ぎ行い、セキュリティ・リスク観点、コスト観点など多面的なレポートを作成したところ、お客様からは「たいへんわかりやすい。方針決定が明確になった」と好評でした。パートナー様提供のソフトウェアについては内部仕様が開示されていないため、過去の経験から内部仕様を類推し、解決策を提示し、パートナー様にてご対応いただき、無事解決することができました。
現在は、著作権保護に加えて、車載セキュリティの開発を行っています。車載分野でのセキュリティは今後ますます重要になると予測していますが、まだまだ認知度が低いのも事実です。標準化団体や大学との連携、また学会発表を行うことでセキュリティが面倒なもので難しいものでもないという認知を広げていきたいです。さらには、当社のもう一つの柱である機能安全と組み合わせた「Safety & Security」で「安全で安心なクルマ」を実現していきたいと考えています。

近年、世界的にロボット技術による社会問題の解決に期待が高まっています。日本国内でも2015年初頭に政府からロボットによる新たな産業革命を目指した「ロボット新戦略」が発表され、少子高齢化や人口減対策のための次世代ロボット開発の具体的なアクションプランが示されました。今後、多くの社会問題をロボットで解決していくことが予想されます。一方で、ロボット普及のためには「ソフトウェア共通化によるコスト低減」、「ロバスト性向上」、「協働作業における安全確保」など多くの難題が残っています。

当社はこのような環境の変化を捉え、AV機器および車載向けソリューション開発などで培った技術をロボット向けのソフトウェアプラットフォームおよび機能安全技術に活用しながら新たな技術的強みを生み出すべく、日本最大級の研究機関である国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と連携しながらロボットに関する最先端技術の研究・実用化を行っています。

【当社の特長】

私たちは、これまで新しい製品の研究開発を担当し、新しい商品を世の中に送り出してきました。企業にとって、新しい製品、新しい事業分野を開拓・実現し続けていくことは重要なテーマであると考えます。
当社は他社が取り組んでいない分野の新規技術獲得活動にいち早く取り組み、事業化を目指しています。

開発者の思い

ソフトウェアの力でロボットをより身近に

高橋 三郎

私は人材移籍型共同研究制度を利用し、2016年度から産総研の研究員として勤務しています。ロボットイノベーション研究センターのロボットソフトウェアプラットフォーム研究チームの一員として、ロボット向けのミドルウェア、ソフトウェアプラットフォームや機能安全開発プロセスの研究を行っています。

私が特に着目しているのは「ソフトウェア共通化によるロボットシステム開発効率の向上」です。
ロボット向けの共通制御ミドルウェアとして有名なものにはOSS(Open Source Software)として配布されているROS(Robot Operating System)やRTM(RT-Middleware)などがあります。これらのミドルウェア自身の開発、メンテナンスに加え、ミドルウェアを利用したロボットシステムの効率的な開発プロセス策定やツールチェインの開発なども行っています。また、学会などを通じて研究成果を定期的に世の中に広める活動もしています。

当社でも過去から複数のロボット向けソフトウェア開発プロジェクトに参画してきましたが、市場が未成熟であったことなどの要因から、大きなプロジェクトに成長させるまでには至っていませんでした。
今後は共同研究を通じて獲得した技術を活用し、低コストで安心・安全なロボットシステムを開発することで、ロボットをより身近な存在にしていくことが私のミッションだと考えています。

高橋 三郎

私の MORE ADVANCED

最新の研究と開発をつなぐ

当社が得意とする組込みソフトウェアだけでなく、メカトロニクス、分散ネットワーク、ITアプリケーションなどのスキルも要求され、多様なソフトウェア、ハードウェアを組み合わせてシステムを構築するシステムインテグレーション能力も重要です。また、ロボットの用途も多種多様で、産業用途のアーム型ロボットや家庭向けコミュニケーションロボット、収穫などを自動化する農業向けシステムや自動運転車両などもロボットに分類されます。

産総研には国内だけでなく世界中の最新研究情報が集まります。着任当初は知識量のギャップに対して困惑することも有りましたが、さまざまな技術者とのディスカッションはなににも代えがたい体験で良い刺激になっています。私自身も日々学びながら、今後当社にとっても必要となる技術を見定められるよう前向きに取り組んでいます。学会・論文における研究開発成果の共有、ロボットで利用するOSSへの貢献などを通じて、ロボットベンチャー、ロボットメーカー、ツールベンダ、大学、研究機関のキーパソンたちと積極的に人脈を広げられるのも楽しみのひとつです。

また、私が発表した論文やソフトウェアに対するフィードバックを外部から受けることも強い刺激になっています。時には厳しいご意見もいただきますが、さらに研鑽を深めた成果を評価してもらうという繰り返しのサイクルを経験することで、より研究内容や自身のスキルが洗練されているとも感じます。

この領域が特に当社の強みであるとあらためて感じ、今後も研究と開発をつなぐ架け橋になりながら、より良いロボットシステムの実用化ソリューションを提供できるよう研究を進めています。

はじめに

当社には玉入れ(AJTA)クラブがあり、日本一を目指して活動しています。ここでは、その活動紹介を通じて社内の雰囲気をお伝えしたいと思います。

玉入れ(AJTA)って?

運動会の定番である「玉入れ」をスピード感のあふれる競技に進化させたスポーツです。小学校時代の玉入れを想像すると、実際にやってみたときに痛い目にあいます。
参考:http://www.tamaire.jp/

そもそもなぜ玉入れを始めたのか?

もともと体を動かすことが好きで、マラソン大会やソフトボール大会などの社内イベントには積極的に参加していました。特にソフトボールは自信があり優勝を狙ったのですが、惜しくも敗戦し悔しい思いをしました。
その悔しさを晴らす場所を探していたところ、パナソニック全社AJTA大会なるものが存在することを知ったのがきっかけです。ソフトボールで悔しい思いをしたメンバーが主体となりチームを結成しました。新入社員からベテラン社員まで幅広い年齢層の社員が活躍しています。

夏 文雄の写真

大事にしていること

「情熱」

AJTAに情熱を燃やしています。どうせやるなら日本一を目指して本気でやる。情熱を持って物事に取り組むと周りの人たちは応援してくれます。日々の練習に本気で取り組むことと、社内でAJTAは全くの無名でしたので宣伝に本気で取り組みました。
結果、会社全体の協力を得られ、念願の社内大会を開催することが出来ました。新入社員から会社幹部まで総勢200名以上が参加し、大盛況でした。
当社の風土としてマジメな社員が多いので、真剣に全力でジャンプして玉入れをしてくれました。
社員の意外な一面が新鮮で、またジャンプしすぎで翌日には筋肉痛になる人が続出しましたが、大会後しばらくの間そのことを話題にする人が多く、職場の結束力向上によい影響があったのではと思います。開催して本当に良かったと感じています。

「練習量」

初めて取り組む競技でしたので、当初は練習の質よりも量を重視しました。初心者のうちは量をこなすことで見えてくることの方が多いからです。もちろん経験者から教わるのが近道ですが、競技人口が少ないため体系的に学ぶ環境はありません。日本一のチームの動画を参考にし、練習の中で自分たちなりに投げ方や連携プレーなどの技術面を確立していきました。

また、技術者の集まりということで、気がつくと、

  1. データを記録
  2. データを分析
  3. 課題を抽出
  4. 改善案を出して試してみる

というサイクルを回していました。

練習時間は昼休憩時間45分のうち15分と定時後の休憩時間15分を練習に割いています。
大会前は休日にも練習しています。ひたすら練習あるのみです。

「01データ記録 02データ分析 03課題抽出 04改善実行」のサイクルを回した図

楽しいと感じる瞬間は?

一度にたくさんの玉が入ったときの爽快感がたまりません。個人の技術向上の喜びもありますし、何よりもチームとして活動しますので、好記録が出たときの喜びをメンバーと分かち合う瞬間に楽しさを感じます。
パナソニック全社AJTA大会で優勝したときには、中年男性たちが抱きあって喜びました。

やってよかったことは?

玉入れの跳躍運動が健康増進(体重管理)につながっています。加えて、日々顔を合わせ同じ釜の飯を食う中ですからコミュニケーション活性化にもつながっています。また、定時後に練習するとなると業務をきっちり終わらせる必要があるため業務効率改善の意識も向上しています。

今後の目標

2017年の全日本玉入れ選手権で日本一の座を獲りました。次は連覇を目指します。
会社全体の期待を背負ってがんばってきたいと思います。

戦歴

2015年度 パナソニック全社AJTA大会 オフィスAJTAの部 優勝(41.16秒)

2016年度 第17回 AJTA関西選手権大会 6位(62.93秒)

2016年度 第1回 UNDOKAI WORLD CUP 準優勝(28.48秒)

2016年度 パナソニック全社AJTA大会 オフィスAJTAの部 優勝(15.22秒) / AJTAの部 優勝(21.91秒)

2016年度 第17回 AJTA関西交流大会 7位(準決勝敗退)(35.41秒)

2017年度 第18回 AJTA関西選手権大会 3位(30.89秒)

2017年度 第22回 全日本玉入れ選手権大会 優勝(10.39秒)