2019年12月19日

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2019)にて優秀講演賞を受賞しました

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2019)において、以下の4つの発表を行いました。

このうち、「人への近接を可能にする自律移動車椅子の経路計画手法」「Kubernetes を利用した RTC 開発フレームワーク」で優秀講演賞を受賞することができました。

当社では、さまざまな車載ECUのシステム開発の開発で培った技術をさまざまな分野に適用すべく、自律移動型電動車椅子などモビリティの開発を手掛けてまいりました。

「人への近接を可能にする自律移動車椅子の経路計画手法」は、介護現場などの狭所で、かつ人に安全に近接するための経路計画方法を提案するもので、従来のROSなどで一般的に使用されるDWAなどの経路計画法が適用できない環境においても有効な経路計画となります。本研究により、人と協働し、安心・安全な自律移動ロボットの基盤技術確立を目指しています。
ROS: Robot Operating System, DWA: Dynamic Window Approach

「Kubernetes を利用した RTC 開発フレームワーク」は、産業技術総合研究所との共同研究テーマの成果であり、多様なロボット向けソフトウェアを効率よく開発、運用するための技術を研究しています。本研究により、高度で複雑なロボットシステムを効率よく開発できる技術の確立を目指しています。