環境コミュニケーション

環境経営を推進するためには、社内外へわかりやすく当社の環境活動を伝えるとともに、ステークホルダー(利害関係者)と双方向のコミュニケーションを行い、いただいたご意見を積極的に環境活動に反映させることが重要であると考えています。広報活動や、展示会出展など、また、環境マークによる表示訴求や各種環境情報の開示を通し、情報の発信・共有、意見交換など、ステークホルダーとのコミュニケーションに取り組んでいます。