新入社員紹介(社会)

営業

名前   岡本大地
職種   営業
担当   通信
事業所  汐留本社

岡本大地

社会インフラ業界の営業として活躍する岡本さん。
豊富な知識や技術的知見が必要な通信業界。
日々勉強を重ね、初めて自分の力で物事を進める事が出来た時、
何とも言えない喜びを感じたそう。
仕事を通じて学んだ事について、聞きました!

Q1 PSSJへの入社理由を教えてください!

岡本:「元々メーカー業界に興味があったこと、更にはBtoB事業ということで、今まで自分が見たことのないような広い世界にアプローチ出来るのではないかと感じて入社を決めました。」

Q2 入社後のギャップは?

岡本:「入社前に想像していたよりも"サービス"に視点を置いているという点です。パナソニックは家電メーカーというイメージも強いですが、PSSJでは単品のモノを売るだけではなく、お客様に寄り添っていく姿勢を強く感じました。
実際に入社してから周りを見渡してみると、何気ない小さなところから社会の骨格となる裏側、更にはあらゆる所から注目を集める大舞台まで、幅広い分野に貢献していることに気付いて深く感銘を受けました。」

Q3 魅力的なイベントや制度はありますか?

岡本:「会社のフットサル大会で自分が仕事しているフロアのチームに(サッカーはほぼ未経験ながら!)参加しました。初参加だった自分も快くチームの一員として試合に出場させてもらい、まぐれながらゴールを決めてチームに貢献もできましたし、何より部署を超えた交流ができたことはいい思い出です。」

Q4 PSSJに入社してよかった事・成長した事はありますか?

岡本:「様々な専門性を持った人たちと関わりを持てる点です。PSSJには大きく営業・SE・ENG・スタッフなどといった職種があり、更には業界や商材、年齢や性別なども様々です。例えば同期のみんなを見渡してみても、研修で一緒に頑張っていた人たちが今では自分とは全く別の仕事をしていて、そういった話を聞く度にいつも刺激を貰っております。
また、とても個人的なことですが私の趣味の1つに街歩きがあります。この趣味自体は入社前からの趣味なのですが、入社してからはPSSJがどこで社会に貢献しているかを探すという楽しみが増えたというのも、もしかしたらこの会社に入って良かったことなのかもしれません。」

Q5 担当業務・導入事例・働き方を教えてください!

岡本:「直販営業ということもあって定期的にお客様の元へ訪問し、その時の最新情報をいただくように心がけております。
また、同じ情報を違うご担当者から伺うことも多く、同じ案件でもご担当者によって見え方が異なっていることや、情報の確度を上げることが出来るということを常日頃感じながら働いています。勿論情報をいただくだけではなく、こちらから様々な情報発信を行うことによって、お客様と共に新しいビジネスを創り上げていく大切さも強く感じています。
また、社会インフラとなる業界であるので、自分が担う仕事に対して責任感を持って取り組むようにしています。」

Q6 首都圏の魅力は何ですか?

岡本:「首都圏の魅力は多くの人がいてそれぞれが多彩なことをしているということだと思います。私も営業実習で行った地域支社のように全員の距離が近い!ということはなかなかないのですが(それぞれ結束力はあります!)、本社があるということもあって見渡せば多くのプロフェッショナルがいて、そういう場所だから出来ることや生まれることというのが沢山あるように感じます。また、日本全国の情報が入ってきやすいということもとても魅力的だと思います。」

Q7 印象に残っているエピソードはありますか?

岡本:「通信業界ということで必要とされる専門知識や技術的知見も非常に多いですが、営業の先輩やSEの方、時にはお客様からなど多くの人や出来事から日々勉強しております。慣れるまでにはとても苦労しましたが、徐々にお客様と会話も出来るようになってきて、実際に初めてお互いの意思疎通の上で物事が先に進む時には何とも言えない喜びを感じました。」

Q8 最後に、就活生にメッセージをどうぞ!

岡本:「就活は考えることも悩むことも多くて大変かと思います。途中ツラくなって誰かに頼ったりすることもあるでしょう。でも最後の最後に決断するのはきっと自分です。譲れないことや自分の考えだけはしっかりと持ち続け、選んだ道に後悔しないよう今を精一杯頑張ってください!心から応援してます!!」

ENG(保守・メンテナンス)

名前   田中佑奈
職種   SE
担当   放送
事業所  佐江戸

田中佑奈

放送業界のSEとして活躍する田中さん。
入社後、”PSSJの社員” だけではなく ”パナソニックグループの一員” だと
感じる事が多かったそう。自分が関わったシステムが、
実際に社会で使われる場面をみて仕事へのやりがいを感じました。
仕事のやりがいについて、聞きました!

Q1 PSSJへの入社理由を教えてください!

田中:「学生時代の経験から、放送システムという特殊な業界一筋で就職活動を進めていました。放送システムに注目していた中で出会ったPSSJですが、この会社は放送以外にも、非常に幅広い業界・分野に取り組んでいると知り、多岐にわたる業界知識を融合させることで新たな価値を生み出すことができるのではないかと考え、入社を決めました。また就活中、面接に苦手意識を持っていた私が、PSSJの面接では「楽しかった。もっと話したい!」と思え、直感的に”ビビッときた”ことが、最終的な決め手となりました。」

Q2 入社後のギャップは?

田中:「”パナソニックグループの一員”と感じることが予想以上に多かったです。入社前までは”PSSJに入社”という感覚で、その他のパナソニックグループ会社とはあまり関わりがないと思っていたのですが、入社してみると、研修でも仕事でも非常に関わることが多く、グループ全体で一つになって成長を目指していけるんだと感じ、その分、やりがいも大きくなりました。」

Q3 PSSJへ入社してよかった事・成長した事はありますか?

田中:「興味と想像の幅が広がりました。入社前は生活の中にあるシステムなど、あまり意識せず当然のように利用していましたが、入社して身の回りのシステムについて学んだことで、日ごろ街を歩いている中でも、「あれはどういう仕組みだろう」と考えたり、そのシステムの背景で動く人々を想像してありがたさに気づいたり、と考えながら過ごせるようになりました。」

Q4 上司・先輩社員との関係で印象に残っている事はありますか?

田中:「名字が「田中」ということもあり、配属後、すぐにあだ名をつけていただきました。先輩同士もあだ名で呼び合っていたりと、配属間もない頃でしたが、居心地のよい職場だと感じたことを覚えています。」

Q5 担当業務・導入事例・働き方を教えてください!

田中:「【担当業界】:放送業界。【働き方】:勤務地は首都圏ですが、担当するのは全国各地の仕事であるため、出張も多く、お客様と接する機会が非常に多いです。たくさんの刺激を受けながら、充実した日々を過ごしています。」

Q6 首都圏の魅力は何ですか?

田中:「首都圏は規模が大きいですが、普段関わらない方とも自然と会話できるほど、みなさん気さくで話しやすい方ばかりです。同じ業界の中で若手会を開催していただいたり、仕事ではご一緒する機会がない方とも、懇親会等でお話する機会があったりと、いろんな方と会話する機会が多く、その度に自分の視野が広がり、新たな発見につながることもあります。」

Q7 印象に残っているエピソードはありますか?

田中:「納入システムの運用開始に初めて立ち会ったときのことは非常に印象に残っています。自分が携わった部分はほんの少しでしたが、それでも自分が関わったシステムが実際に使われている様子を見て、緊張感とやりがいを感じました。生放送という緊張感漂う現場を実際に見たことで、責任の大きさを改めて実感でき、気が引き締まりました。」

Q8 最後に、就活生にメッセージをどうぞ!

田中:「入社理由でも述べた通り、面接に対して苦手意識を持っていた私ですが、就職活動を進めていく中で、本当にやりたい仕事であれば、自分の思いを楽しく伝えることができると気づきました。自分の思いを素直に伝えれば、相手は必ず聞いてくれると思います。悩むこともあるかと思いますが、最後は”直感”に頼ってみてもいいかもしれません。実際に会社に足を運んで、肌で感じた感覚を大切にしながら、満足のいく就職活動にしてください!応援しています!」

田中佑奈