流通業界 SE 2016年入社 篠原 貴江

お客様へのお役立ち創出に向けて、真摯に向き合う

私はシステムエンジニア(SE)として、流通・小売業界のお客様に対し、店舗へのソリューション提案を行っています。具体的には、カメラやセンシング技術を用いて、店舗に訪れるお客様の動きを可視化・分析してマーケティングに活用したり、従業員や商品・モノの動きを捉えたりすることで業務効率化を図る提案を行っています。
パナソニックには様々な技術がありますが、その技術を“どのように”活用するとお客様のお役に立てるか、を考えるのが私の仕事です。「お客様の成し遂げたい姿を実現する」という姿勢で徹底的に向き合い、技術的な観点から、お客様と深くお付き合いができるのも、上流工程を担当するシステムエンジニアならではの醍醐味ではないでしょうか。お客様に近い立場だからこそ、お客様自身も気づいていないようなニーズに気づき、「今、何をするべきか」そして、「将来どうなるべきか」を地に足をつけて提案できる存在になれるのだと思っています。

私はシステムエンジニア(SE)として、流通・小売業界のお客様に対し、店舗へのソリューション提案を行っています。具体的には、カメラやセンシング技術を用いて、店舗に訪れるお客様の動きを可視化・分析してマーケティングに活用したり、従業員や商品・モノの動きを捉えたりすることで業務効率化を図る提案を行っています。
パナソニックには様々な技術がありますが、その技術を“どのように”活用するとお客様のお役に立てるか、を考えるのが私の仕事です。「お客様の成し遂げたい姿を実現する」という姿勢で徹底的に向き合い、技術的な観点から、お客様と深くお付き合いができるのも、上流工程を担当するシステムエンジニアならではの醍醐味ではないでしょうか。お客様に近い立場だからこそ、お客様自身も気づいていないようなニーズに気づき、「今、何をするべきか」そして、「将来どうなるべきか」を地に足をつけて提案できる存在になれるのだと思っています。

パナソニックの“技術力”をどう活用するか

今携わっているセンシング技術を用いたソリューションの案件は、私にとってもお客様にとっても、「どういう情報が欲しいか」「どのように活用したいか」をゼロから考える機会となりました。私自身もいちユーザーとしてお客様の店舗に足を運び、気づきや率直な感想をお客様にお伝えするなど、小さなことから行動を始めました。お客様の悩みとビジョンにしっかり向き合おうとする姿勢が伝わることで、信頼して仕事を任せてもらえる土台作りができたと思います。
同じ技術であっても、お客様の状況・立場によって必要な情報は大きく異なる上、お客様の経営にどうお役立ちできるかを考えるのは簡単ではありません。お客様のお困りごとや成し遂げたいことをヒアリングし、パナソニックの製品や技術力がどのように活用できるかを考え実現していくことが何よりも重要となっています。

お客様の心により響く提案で思いを「形」に

入社当初から、流通業界の中でも特に小売業界に関心がありました。生活をしていくうえで、「ものを買う」ことができなければ生活ができないと感じ、日常生活に身近なところから社会貢献をしたいと考えました。
私が意識しているのは、お客様のパートナーになること。すなわち、どんな悩みでもご相談いただけるSEになることです。最初の頃は、SEとして分からないことばかりで、私自身も勉強と試行錯誤の連続でしたが、以前まで先輩社員の方を見て話をしていたお客様が、私を頼って話をしてくれるようになった時には、大きな喜びと成長を感じました。お客様の思いが「形」として見えてくる瞬間に何よりものやりがいを感じます

今後は、より最前線で輝くSEでありつつ、仕事とプライベートを両立していくことが目標です。私自身が新しい挑戦に積極的にアプローチすることで、後輩たちに「夢や目標を実現できるんだよ!」ということを伝えられる人になりたいと思っています。

入社当初から、流通業界の中でも特に小売業界に関心がありました。生活をしていくうえで、「ものを買う」ことができなければ生活ができないと感じ、日常生活に身近なところから社会貢献をしたいと考えました。
私が意識しているのは、お客様のパートナーになること。すなわち、どんな悩みでもご相談いただけるSEになることです。最初の頃は、SEとして分からないことばかりで、私自身も勉強と試行錯誤の連続でしたが、以前まで先輩社員の方を見て話をしていたお客様が、私を頼って話をしてくれるようになった時には、大きな喜びと成長を感じました。お客様の思いが「形」として見えてくる瞬間に何よりものやりがいを感じます

今後は、より最前線で輝くSEでありつつ、仕事とプライベートを両立していくことが目標です。私自身が新しい挑戦に積極的にアプローチすることで、後輩たちに「夢や目標を実現できるんだよ!」ということを伝えられる人になりたいと思っています。

“きっかけ”を大切に充実した会社生活を

SEは業界軸や商材軸など、それぞれの役割に応じた組織に分かれており、同じSEであっても普段は繋がりが薄い部署が多くあります。その中で、若手が先頭を切ってSE部門の交流を深めるイベントを企画するなど積極的にコミュニケーション活性化の場を提案しています。普段は別々の場所で働いている人とも、そのようなイベントをきっかけに交流を深めることで、いざという時に助けてもらえたり、仕事以外の場でも趣味の時間を共有できたり…ちょっとした“きっかけ”も大切に交流の輪を広げることで、とても充実した会社生活を送ることができています!