施工センター 施工 2015年入社 林 拓輝

日常生活の「当たり前」を支える

私は施工職として、各都道府県の警察で活用されている「交通管制システム」に携わり、交通事故や渋滞を減らすためのお役立ちをしています。交通管制システムとは、道路に設置されている信号機や車両感知器など各端末の情報を収集・集約して交通安全の管理を行うものです。私は中央装置と呼ばれる、各地点に設置された端末からの情報を集約し、信号機等の制御を行うシステムを担当しています。

施工職の役割は、「現場の責任者」としてシステムを安定稼働させること。機器の設置・接続方法の検討や施工図の作成を行い、現場で安全に作業ができる環境を整えます。そのため、営業やシステムエンジニア、保守メンテナンス部門との連携が欠かせませんし、システムの全体像を把握し、施工計画をしっかりと立てることが求められます。また、施工の立場で気づいたことや改善点をお客様やSEに提案することも私たちの重要な仕事です。
誰もが当たり前のように生活している社会の根底を支えるシステムに携わっているからこそ、少しのミスが大きな事故につながってしまうこともありえます。社会に与える影響が大きい仕事であるという意識を常に持ち、誇りを持って業務に取り組んでいます。

私は施工職として、各都道府県の警察で活用されている「交通管制システム」に携わり、交通事故や渋滞を減らすためのお役立ちをしています。交通管制システムとは、道路に設置されている信号機や車両感知器など各端末の情報を収集・集約して交通安全の管理を行うものです。私は中央装置と呼ばれる、各地点に設置された端末からの情報を集約し、信号機等の制御を行うシステムを担当しています。
施工職の役割は、「現場の責任者」としてシステムを安定稼働させること。機器の設置・接続方法の検討や施工図の作成を行い、現場で安全に作業ができる環境を整えます。そのため、営業やシステムエンジニア、保守メンテナンス部門との連携が欠かせませんし、システムの全体像を把握し、施工計画をしっかりと立てることが求められます。また、施工の立場で気づいたことや改善点をお客様やSEに提案することも私たちの重要な仕事です。
誰もが当たり前のように生活している社会の根底を支えるシステムに携わっているからこそ、少しのミスが大きな事故につながってしまうこともありえます。社会に与える影響が大きい仕事であるという意識を常に持ち、誇りを持って業務に取り組んでいます。

いろいろな人とのハブになる

交通管制システムは、24時間365日稼働しており、システムを全て止めることはできません。その一方で、現在使用しているシステムや機器の一部を更新していく作業も多いため、システムを安定稼働させた上で、スムーズに新しいシステムや機器の導入を行うことが不可欠です。こうした業務の中で施工は、社内・社外問わず、様々な役割を持つメンバーと連携したうえで、現場の責任者としてシステムを形にする役割を担っています。そのためには、設計段階で抜けもれなく準備をし、お客様からシステムエンジニア、現場の作業員まで誰が見てもわかる設計図を示すことが必要です。施工という仕事は、準備9割と言っても過言ではありません。

新しく納入するシステムを運用するためには、現状を把握するために常駐している保守のメンバーからヒアリングすることや、システムエンジニアに設計の詳細を確認する作業が欠かせません。そのうえで、新しいシステムをどこに組み込むのか、機器を接続するために何が必要かを考え、将来、機器の更新を行う際に何が起こるかまで想定していきます。この想定が中途半端なものになってしまうと、関わる全ての人の仕事が滞るだけでなく、将来的なシステム更新の際に、影響が出てしまいます。現在、そして将来にわたって、全員が迷いなく計画を進められるような仕事ができるよう、私自身も知識や技術を身に着けて、日々スキルアップを図っています。実務経験が必要な資格にもどんどんチャレンジしていきたいですね。

交通管制システムは、24時間365日稼働しており、システムを全て止めることはできません。その一方で、現在使用しているシステムや機器の一部を更新していく作業も多いため、システムを安定稼働させた上で、スムーズに新しいシステムや機器の導入を行うことが不可欠です。こうした業務の中で施工は、社内・社外問わず、様々な役割を持つメンバーと連携したうえで、現場の責任者としてシステムを形にする役割を担っています。そのためには、設計段階で抜けもれなく準備をし、お客様からシステムエンジニア、現場の作業員まで誰が見てもわかる設計図を示すことが必要です。施工という仕事は、準備9割と言っても過言ではありません。

新しく納入するシステムを運用するためには、現状を把握するために常駐している保守のメンバーからヒアリングすることや、システムエンジニアに設計の詳細を確認する作業が欠かせません。そのうえで、新しいシステムをどこに組み込むのか、機器を接続するために何が必要かを考え、将来、機器の更新を行う際に何が起こるかまで想定していきます。この想定が中途半端なものになってしまうと、関わる全ての人の仕事が滞るだけでなく、将来的なシステム更新の際に、影響が出てしまいます。現在、そして将来にわたって、全員が迷いなく計画を進められるような仕事ができるよう、私自身も知識や技術を身に着けて、日々スキルアップを図っています。実務経験が必要な資格にもどんどんチャレンジしていきたいですね。

現場のプロの背中を追う

施工の先輩方は、それぞれの道を突き詰めたベテランばかりです。入社前は、職人気質の方が多いのかなというイメージでしたが、実際に働いてみると、想像していた以上に明るく活気のある職場でとても働きやすいです。知識と技術を持った現場のプロがたくさんいますので、分からないことや困ったことがあればどんどん質問しています。どんなときも「挑戦してみたらいい」としっかりサポートしてもらえる環境ですので、臆することなく仕事に向かっています。

施工の先輩方は、それぞれの道を突き詰めたベテランばかりです。入社前は、職人気質の方が多いのかなというイメージでしたが、実際に働いてみると、想像していた以上に明るく活気のある職場でとても働きやすいです。知識と技術を持った現場のプロがたくさんいますので、分からないことや困ったことがあればどんどん質問しています。どんなときも「挑戦してみたらいい」としっかりサポートしてもらえる環境ですので、臆することなく仕事に向かっています。