速水 優衣 システムエンジニア 2015年入社 速水 優衣 システムエンジニア 2015年入社

システムの全体像を把握し、
周囲と連携しながら開発を進行。

私は現在、鉄道業界向けのシステム開発を担当しています。
担当システムの例としては、侵入者検知システムや、入退室管理システムが挙げられますが、私の仕事は、お客様の業務内容にマッチしたシステムを提案・開発することです。
当社のシステムエンジニアは、提案から実装まで多くのフェーズでお客様に寄り添います。これはお客様に一番近いところでシステムを創り上げる、当社ならではの特徴ですね。
私はシステム開発全体を管理する開発管理の立場に立つことが多く、社内外の多くの方とコミュニケーションを取り、プロジェクト全体の進捗管理や、課題への対処法を周囲と連携し、検討していきます。

システムの全体像を把握し、
周囲と連携しながら開発を進行。

私は現在、鉄道業界向けのシステム開発を担当しています。担当システムの例としては、侵入者検知システムや、入退室管理システムが挙げられますが、私の仕事は、お客様の業務内容にマッチしたシステムを提案・開発することです。
当社のシステムエンジニアは、提案から実装まで多くのフェーズでお客様に寄り添います。これはお客様に一番近いところでシステムを創り上げる、当社ならではの特徴ですね。
私はシステム開発全体を管理する開発管理の立場に立つことが多く、社内外の多くの方とコミュニケーションを取り、プロジェクト全体の進捗管理や、課題への対処法を周囲と連携し、検討していきます。

お客様との対話の中で、
ご要望を実現する方法を模索。

この仕事をする上で、最も大切なことはお客様との認識合わせです。
お客様のご要望と、提供するシステムが噛み合っていないと、お客様にご納得いただくことはできません。
適切な提案ができるように、対話を重ねて個々の事情を汲み取ることが極めて重要です。
また、「やりたいことがあるのだけれど、実現可能かどうかが分からない…。」お客様から、こういったご相談をいただくこともあります。その際も実際にお客様の現場に行き、現状の問題を理解した上で提案を行います。「それが良いです!素敵です!」と言っていただけた時は、本当に嬉しいです。お客様と共に、お互いの理想を現実化できることが、一番の喜びです。

会社の課題に、社員が挑む。
ワーキンググループで奮闘中。

どんな会社にも未熟な部分はあります。当社が抱える課題に向き合い、学び合う場として、パナソニックグループ内にワーキンググループが存在します。私は現在、所属を超えて人が集まるワーキンググループに複数参加し、働き方改革に力を入れて日々活動しています。当社の弱みは、技術や知識が各部門内に閉じられがちなところだと思っています。そんな現状を打破するため、新しく導入したコミュニケーションツールの活用方法について、大規模な研修を行いました。その他にも、データ分析と活用方法を学ぶなど、ワーキンググループで様々な活動を行っています。
コミュニケーションツールが導入されたことによって、所属を超えてスピーディーにやり取りすることが可能になり、こうした活動にも非常に取り組みやすくなりました。今後も、私達一人ひとりの社員が変化に前向きになり、活動することで、会社を更に進化させていきたいと考えています。

Other Interview

鶴井 健太郎

システムエンジニア/2018年入社

篠原 貴江

システムエンジニア/2016年入社

國末 健太

システムエンジニア/2017年入社