小野寺 梨花 施工 2017年入社 小野寺 梨花 施工 2017年入社

自分で描いた図面が形になり、
大きな達成感を得られる。

私は、高速道路上にカメラや警告表示板を取り付ける工事の図面作成や、ETC設備更新工事の施工管理業務に携わっています。施工は、大規模工事が発生する納入現場の取りまとめ役です。作業員の安全を守る責任重大な仕事だけに、やりがいはとても大きいです。先輩に教えてもらいながらも、自分で描いた図面をもとに現場で工事が進んでいき、それが形になります。自分の成果が目に見える形で現れることが大きな自信と達成感に繋がっています。また、日本全国での仕事も多いので、様々な地域について知ることができるのも魅力です。他の部署と比べて、土木工事等も発生することもあるので工程が複雑ではありますが、その分一つの工事でいろいろな経験ができますよ。

システムが動き出す瞬間は、
とても感動します。

システムを現場に実装して、それが動き出す瞬間はやはり感動しますね。施工の仕事は、作業員の安全を守る「現場管理」や工事スケジュールの全体管理を行う「工程管理」など、多岐に渡ります。その際は、お客様はじめ、社内の営業、システムエンジニア、保守・メンテナンス、その他多くの方々と連携をして、一つのプロジェクトを進めていくので、無事に竣工し成功を一緒に分かち合える瞬間は何にも代えられない喜びがあります。当社が手掛ける大規模なシステムを、私たちの手でお客様の現場に実装する。大変なことも沢山ありますが、この責任のある仕事を、これからも突き詰めていきたいです。

安心して任せてもらえる、
施工管理のエキスパートに。

以前、現場代理人としてその現場の会社の代表となり、システム納入を推進する立場を経験しました。当時の私はシステムの知識も現場の経験もなかったので、その役割をちゃんと果たすことができるのか、自信がありませんでした。上司や他部署の方々に色々と教えていただき、お客様からも意見をいただけたことで、無事に任務を果たすことができましたが、この時改めて“仕事は一人ではできない”ということを痛感しました。私の周囲の方は、皆さんとても優しく、分からないことがあれば年齢問わず頼ることのできる環境です。今後は、後輩指導にも力を入れ、皆さんに恩返しをしていきたいと思っています。そして将来、「この人だったら安心して任せられる」と思ってもらえる、施工管理のエキスパートとして成長したいです。

Other Interview

林 拓輝

施工/2015年入社

郡山 弘夢

保守・メンテナンス/2012年入社

江澤 有生

保守・メンテナンス/2012年入社