五島 奈央子 法務 2011年入社 五島 奈央子 法務 2011年入社

何より大事なことは、
現場を理解すること。

私は、契約審査や法務相談を通じた契約リスクマネジメントをメインに、安全保障輸出管理や会社法対応、年2回実施している全社員対象のコンプライアンスeテストの運営等の教育・研修にも携わっています。
法務のエキスパートとして、法律の知識を持つことはもちろん大切ですが、いくら法律の知識があっても、事業を理解していなければ、的確で実効性のあるアドバイスができず、リスクマネジメントも中途半端になってしまいますので、社員から相談を受ける際は、事業の内容や課題の本質を理解した上で具体的な解決策の提案を行うことを大切にしています。

新規事業にも立ち上げから積極的に関与して、事業を牽引。

社会情勢の変化に伴い、当社のビジネスモデルも変化していますので、その変化に対応したリスクマネジメントの取り組みを継続的に行わなければなりません。直近では、新規事業のローンチにあたり、立ち上げ段階から知財部門などの関連職能を巻き込んで契約スキームや契約リスクを事業部門と検討したり、新規のビジネスモデルに対応した契約書のひな型作成を行うなどして、事業部門が安心して新規事業を推進できるような取り組みを行っています。
事業部門におけるビジネスの推進において、推進のスピードと適切なリスク管理の両立を図るため、私たち自身もアップデートし続けなければならないので大変ではありますが、自身が立案した契約スキームで新規事業を軌道に乗せるといった、事業をリードする役割を果たすことができるのは、法務の仕事の醍醐味だと思います。

自己のスキル向上に繋がる、
機会や環境が充実。

当社の社員は、お客様と向き合って、当社の商材を通じてお客様の課題を解決させたい、という実直さと、打合せ等でやり取りする際に垣間見えるユーモアな部分をバランスよく兼ね備えた人が多いです。また、コミュニケーションツールとしてTeamsが導入されてから、今まで以上に気軽に相談していただけるようになりました。
事業部門からいただく相談は、契約書の審査依頼に限らず、法改正内容の照会や新規事業の推進、トラブル案件への対応など多岐に渡るので、実務対応を通じた法務スキルの向上の機会が豊富です。また、法務部内で定期的に開催している勉強会や、パナソニックグループの法務職能研修プログラムも充実しており、自身の法務スキルを高める環境も整っています。

Other Interview

新井 貴也

経理/2016年入社