新井 貴也 経理 2016年入社 新井 貴也 経理 2016年入社

正しい判断をするためには、
現場を知ることが何より大切。

私は現在、流通・小売業界をターゲットとする組織の経理として、主に件名管理や収支管理、決算業務等を担っています。当社は主に業界軸で組織が分かれており、それぞれの組織で多種多様な取引が発生します。適切な会計処理を行うためには、もちろん経理職能としての会計や税務等の専門知識は必要ではありますが、何より“現場を知る”必要があります。そのために、当社の経理は、現場密着型として、それぞれ担当の組織を持ち、より先鋭的に活動しています。
経理の仕事、というと数字を扱うデスクワークが多いというイメージが強いと思いますが、当社の経理の仕事は単純なルーチンワークではありません。営業部門やエンジニアリング部門を始めとした社内関連部門や必要に応じて外部の会計士とやり取りをするので、コミュニケーション力も大切ですね。

現場の支えとなり、
サービス事業拡大を引っ張っていける存在になりたい。

前例の無い新しいビジネスの立ち上げに、とても苦労しました。
当社は今まさに、“単なる物売り”からの脱却を図るために、サブスクリプションやOPEX型をはじめとする“サービス事業の取引”拡大に努めています。このような取引は、当社として前例が無かったので、第一に各種の会計基準に準拠した適切な会計処理方法を構築する必要がありました。上司や会計士、他部署と密に連携を重ねながら、無事にこのビジネスの立ち上げに貢献できた時はとても嬉しかったです。
現在、担当している流通業界は、全社の中でも特にこのサービス事業の取引が多くなっています。今後、流通業界の担当経理として、現場を支え、サービス事業拡大を引っ張っていける、そんな存在になりたいです。

「経営に貢献する経理」の実践。

企業として、継続的に事業を展開していくためには、「ヒト・モノ・カネ」などの経営資源を適切に管理し、常に改善を進めていくことが必要です。そのため、経理という立場から、経営改善に向けたアクションを関連部署と連携しながら積極的に推進していく必要があります。実際、自分の取り組みが経営改善に貢献できて、会社を支えることができた時は嬉しいですし、この喜びが私のやりがいにも繋がっていると感じます。
「今の状況を変えていきたい。」
現状に満足せず、チャレンジし続けるそんなマインドを持っている方と、当社の経理として一緒に仕事ができれば嬉しいなと思います。

Other Interview

五島 奈央子

法務/2011年入社