職種紹介 : インタビュー08 エンジニア(AI系環境構築)

AIプラットフォーム構築担当 係長 K.Y(新卒入社)

パナソニックグループで唯一AI事業を手掛ける当社で、画像解析や機械学習など本格的なAIサービスに挑戦。

業種・業態を問わずAI事業を幅広く展開する。

私たちは、パナソニックグループ内で唯一、AI事業を手掛けています。ディープラーニングの環境提案では、画像解析や機械学習、プログラムのコーディングを行います。構築作業では、プログラムのコーディングや必要となるインフラ領域に関する業務が発生します。インフラ領域でいうと、AIに必要となる大量のデータを扱うストレージ、ファイルサーバーなどが挙げられます。また、機械学習した内容を他のお客様向けにWEBサービス化したいという要望に応えるために、システム構築に関わることもあります。
製造業や医療分野への展開などいずれもパナソニックグループ内の企業が主な取引先です。いずれも労働人口の減少からAI導入を積極的に推し進めている業界です。他にも多数のお問い合わせをいただいています。画像解析の観点から言えば、ルールに従って学習させるだけなので、業種・業態を問わず幅広く展開することができるからです。

グループ企業の要望に応えていける精度を日々高めています。

業務として工数がかかるのは、プログラミングと画像の仕分け作業です。画像の仕分けについて少しご説明すると、サンプル画像をいくつか用意し正常品と異常品を判別するためのロジックを組んでいきます。その過程で、異常品を正常品と判定してしまった場合は、再学習させることになります。お客様の高い要望に応えていけるよう、精度を高めて日々改善を行っています。お客様からAIに関する情報交換を求められたり、海外の共有サイトで事例をピックアップするなど、新しい技術や知識に対して積極的に情報を集めています。
これは私見ですが、AIに関わることで言えば必ずしもITに精通している必要はないと思うのです。私のように、インフラ領域で長年の経験があるとか、WEBやアプリにおいても同様です。まだまだ新しい分野ですから、AIに関する幅広い知見が必要というということもない。本人の意欲次第で大きく成長できる分野なのです。

考えと行動力が伴えば自由な働き方が手に入る。

先ほども申し上げた通り、当社はパナソニックグループで唯一AI事業を手掛けている企業です。パナソニックは、社員一人ひとりの自主性を尊重する文化があります。それは新業態についても同じで、極端な話AI事業に手を挙げたのが当社だったから、当社でAI事業がスタートしたのです。ですから、もしこのページを見ている方で自分にはやりたいことがある方がいれば、エンジニアに自由な環境を与えてくれる当社は絶好の環境だと思います。
自分の考えがしっかりあり、それに行動力が伴う方であれば、会社が社員を後押しします。私も自分がやりたいことについて、会社に相談しカタチになったことがいくつもあります。この人と組めばおもしろいかもしれない。そんな期待感を抱かせてくれる人なら、当社が放っておくはずはありません。AIを本気でやってみたいのなら、パナソニックの看板を背負って、当社で自由に羽ばたいてください。