メイン開発として、仕様書や設計書を作成。
営業やSEと協力し、突破口を見出すことができた。

先輩インタビュー 業務風景1

学生時代は情報科学を専攻し、無線通信の研究をしていました。IT技術を用いたものづくりに興味を持ち、ソフトウェアベンダーやシステムインテグレーターの選考に参加。パナソニックのグループ会社としての安定性と、選考中に出会った先輩たちのあたたかい人柄に惹かれ、パナソニックソリューションテクノロジーへの入社を決めました。

現在は、主に自社ソフトウェア「CrossLead」の開発に携わっています。
「CrossLead」は、お客様がさまざまな業務で使用するオフィス文書を一元管理できるシステム。パッケージの開発に加え、お客様の要望に合わせた追加機能の開発も担当しています。昨年から、「CrossLead」のエンジン機能を活用したペーパーレス経理システムのメイン開発を任されるようになりました。

メイン開発は、お客様と折衝を重ね、開発の指針となる仕様書や設計書を作成する責任重大なポジション。どんな提案をすればお客様の同意を得られるのか、悩む場面もありましたが、営業やSEと協力して突破口を見出し、無事に開発の第一段階を終えることができました。

自らが先頭に立ってプロジェクトを完遂し、
周囲から頼ってもらえる存在へと成長したい。

パナソニックソリューションテクノロジーの最大の魅力は、仕事に対する真摯さにあると感じています。何かトラブルが起きれば、会社全体で一丸となって解決を目指します。どんなときも、お客様に信頼していただけるよう努力する。その信念に、ポジションや部署による違いはありません。

また、フルフレックスやテレワークなど、一人ひとりに合った働き方を選択できる制度が充実しているところもいいですね。私の場合、出社した方が仕事の効率が良いので出社日を多くしていますが、積極的に在宅勤務を選択している社員も多いです。フルフレックス制度を活用すれば、通院なども気軽にできるので助かっています。現在、私が手掛けているプロジェクトは、上司のサポートがあってこそ成立しています。

当面の目標は、自らが先頭に立って、ひとつのプロジェクトを完遂すること。「君にすべて任せておけば大丈夫」だと認められ、ゆくゆくは、多忙な上司を私がサポートしたいですね。

今後は、部下や後輩の指導にも力を入れ、周囲から頼ってもらえる存在へと成長したいと考えています。

先輩インタビュー 業務風景2
先輩インタビュー プライベート
プライベートの過ごし方

趣味はカメラ。夕日や花、星など、主に風景を撮っています。入社してから、上司の影響でキャンプもはじめました。同じ部署のみんなでキャンプに行ったときは楽しかったですね。音楽も好きなので、ライブハウスやフェスに行くこともあります。