先輩社員紹介 知財ソリューション部(2014年入社)

2014年入社 / 知財ソリューション部 開発・運用サポート課 2014年入社 / 知財ソリューション部 開発・運用サポート課

仕事=勉強の、理想的な環境。

採用面接時からの好印象が入社の理由。

昔からコンピューターが好きで、大学も情報科学部というコンピューター関係の学部でした。大学に入学した時点で、この業界に就職しようと決めていて、特に開発の仕事を希望していました。その中から何社か絞って就活をしていましたが、当社の印象がとても良かったんです。採用面接のときから親身に対応してくれ、今でもずっと良くしてくれている先輩がいます。そして面接が進み、重役の方との面接でも印象は変わらず、こういう社風なんだ、こういう人たちがいる会社はいいと思いました。さらに同じ大学の研究室の先輩がいたというのも心強かったですね。その先輩のセッティングで、人事以外の部署の方と話すこともでき、それでも好印象は依然変わりませんでした。この会社で働き、チカラになりたい。そう思わせてくれる人たちがたくさんいたというのが入社の理由です。

読解力と次代へ伝える確実な業務が重要。

入社してからずっとPatentSQUARE(パテントスクエア)という特許検索サービスの開発をしています。開発といっても、入社したときにはすでに提供していたサービスですので、つくるのではなくバージョンアップや改善など。既存商材に携わるこの仕事で感じたのが、読解力の重要性です。お客様からの声を基にサービスを改善しアップデートしていくのですが、お客様の要望をしっかりと理解しなければ的確な仕事ができません。的外れなことや不要な設計を行い、時間を浪費してしまうことになります。また、プログラムの設計書も正しく読み解けないと問題が起きてしまうことも。さらに、自分の業務を正確に伝えないと引き継ぐ人の負担やロスになってしまいます。長く続くサービスであるぶん、先を見据えた確実な業務を行うことがなにより重要な仕事です。

面倒だから、ラクにするために全力で取り組む。

ときどき知り合いなどから「細かくて面倒な仕事をよくやるね」と言われたりします。面倒なことが好きなんだねと。でも、それはちょっと違う気がします。面倒なことが好きなのではなく、面倒だからこそラクにしたい、できるだけ効率的に処理したい。そのために全力で考えるのです。でも、面倒なことを簡単にするにはたいてい時間がかかります。この仕事は、諦めずにつくりたいと思ったものが完成するまで、コツコツと頑張れる我慢強い人が向いているのではないでしょうか。そして、そのためには知識も必要です。先輩から教えてもらったり、仕事をしながら気付く部分があったりと、今は仕事=勉強になっています。先輩からの指導のおかげもあって、今は品質を意識しながら設計→開発→テストという体系的な開発ができるようになりました。日々、成長を感じます。

2009年入社
東日本SI部 SI五課 主任

2015年入社
東日本営業一部 営業三課

2015年入社
データアナリティクス部
データアナリティクス一課

2004年入社
カスタマーリレーション部
運用サービス一課