| コース紹介 |

茨木カンツリー倶楽部 西コース

2018年のパナソニックオープンゴルフチャンピオンシップが開催される茨木カンツリー倶楽部 西コースは、1961年、大阪府茨木市に名匠・井上誠一氏の設計により開場しました。整然とした松林でセパレートされた、本格的チャンピオンコースで、これまでに3度のナショナル・オープンが開催されています。
2011年には、米国屈指のゴルフコースデザイナーRees Jones氏の手により、世界基準に適した極めて戦略性の高いコースへ改造。
2008年と2013年のパナソニックオープンも同コースで開催されました。