ソーシャル コミュニティ広場

写真:本棚、バブルタワーなどのソーシャル コミュニティ広場の様子 写真:本棚、バブルタワーなどのソーシャル コミュニティ広場の様子

ソーシャル コミュニティ広場にいこう

ソーシャル コミュニティ広場には、社会課題を解決するためのプラットフォーム「あるままBASE」と、親子のためのサードプレイス「あるままOYAKO」という2つのコーナーがあります。

写真:「あるままベース」内のソーシャルライブラリー「あるまま文庫」の様子 写真:「あるままベース」内のソーシャルライブラリー「あるまま文庫」の様子
写真:「あるままオヤコ」内のコミュニケーションスペース「イドバタ」とセンサリールームの様子 写真:「あるままオヤコ」内のコミュニケーションスペース「イドバタ」とセンサリールームの様子

子育て世代が直面する悩みや課題に寄り添う、親子のためのサードプレイス。リラックスできる空間で、育児の悩みや喜びを分かち合ったり、情報交換をしたり。一緒に子育てを楽しみませんか。

「あるまま」に込めた想い

アナタの幸せとみんなの幸せ、ふたつが重なり、
共に、大きく広がる世界を。

快適な家、好きなものを買えるお金、安定した地位。たしかにどれも、幸せのかたちのひとつ。
でも、こころの底からの幸せは、もう少し先にある。それはきっと、わかちあってこそ得られるもの。

快適な家、好きなものを買えるお金、安定した地位。
たしかにどれも、幸せのかたちのひとつ。

でも、こころの底からの幸せは、もう少し先にある。
それはきっと、わかちあってこそ得られるもの。

ひとりで笑うより、一緒に笑おう。

誰かを笑顔にできたなら、アナタ自身の笑顔ももっと大きくなる。
そしてその誰かは、きっとまた別の誰かを笑顔にすることができる。すると少しずつ、世界は変わり始めるかもしれない。
アナタの幸せが、誰かの幸せとつながり、重なり、広がっていく。
そんな未来に向かって、私たちは一緒に歩んでいきたいと思っています。

誰かを笑顔にできたなら、アナタ自身の笑顔ももっと大きくなる。そしてその誰かは、きっとまた別の誰かを笑顔にすることができる。すると少しずつ、世界は変わり始めるかもしれない。

アナタの幸せが、誰かの幸せとつながり、重なり、広がっていく。そんな未来に向かって、私たちは一緒に歩んでいきたいと思っています。

「あるまま」のシンボル

「あるままBASE」と「あるままOYAKO」のシンボルとなる壁画は、絵本作家 谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生しました。

子どもたちからのリクエストで、様々な種類の動物が壁画に登場。困っている人に手を差し伸べ一緒に解決していくストーリーです。

描かれた動物たちは、書棚のコンセプトパネルに集結。「ひとりで笑うより、一緒に笑おう。アナタの幸せが、誰かの幸せとつながり、重なり、広がっていく。」そんな未来に向かって、この場所から一緒に歩んでいきたいという想いを込めています。

写真:絵本作家谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生した動物が描かれた壁画 写真:絵本作家谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生した動物が描かれた壁画
写真:書籍がたくさん並んでいる本棚と大きな木に集まる動物が描かれたコンセプトパネル 写真:書籍がたくさん並んでいる本棚と大きな木に集まる動物が描かれたコンセプトパネル

「あるままBASE」と「あるままOYAKO」のシンボルとなる壁画は、絵本作家 谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生しました。

子どもたちからのリクエストで、様々な種類の動物が壁画に登場。困っている人に手を差し伸べ一緒に解決していくストーリーです。

写真:絵本作家谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生した動物が描かれた壁画 写真:絵本作家谷口智則さんとご来場の皆様によるライブペインティングで誕生した動物が描かれた壁画

描かれた動物たちは、書棚のコンセプトパネルに集結。「ひとりで笑うより、一緒に笑おう。アナタの幸せが、誰かの幸せとつながり、重なり、広がっていく。」そんな未来に向かって、この場所から一緒に歩んでいきたいという想いを込めています。

写真:書籍がたくさん並んでいる本棚と大きな木に集まる動物が描かれたコンセプトパネル 写真:書籍がたくさん並んでいる本棚と大きな木に集まる動物が描かれたコンセプトパネル

おすすめアクション

古本・CD・DVD収集ボックス:古本など→ソーラーランタン→届ける

古本などの寄付で、無電化地域へソーラーランタンを届ける「みんなで“AKARI”アクション」

FOOD DRIVEボックス:「もったいない」を「ありがとう」にFOOD DRIVE

フードドライブ【FOOD DRIVE】はじめました!「もったいない」を「ありがとう」に

写真:ホットサンド

サステナブルシーフードを使ったメニューやエコフレンドリーな食器で少しずつ、地球にやさしく。

写真:アップサイクルプロダクト

本来捨てられるモノから生み出された製品「アップサイクルプロダクト」を体験。