健康コラム 日常生活で体力アップをさせるコツ

「運動やトレーニングは取り組みたいと思うけど、なかなか続かない。」そんなお悩みの方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。でも、やっぱり日常的な運動は健康のために必要ですよね。お悩み解決のカギは「効果」にあります。

「痩せたいから」「健康のために」運動を始めてみたけど、なかなか続かない

ウォーキングを始めてみたり、YouTubeなど動画見て運動を始めてみたりしても、ウォーキングで雨が降れば「明日は頑張ろう!」が、休みがちになってしまって結局やめてしまう、DVDや本を買って最初は頑張ってみたものの、本棚にしまったままという方も多いと思います。

人間の筋力というものは、継続的に使えば筋力UPもしくは現状維持ができますが、使わないと年齢とともにドンドン衰えていきます。『〇〇kg痩せた!』・『腰・膝などの痛みが無くなった!』など、すぐ目に見える『ご褒美』=『効果』があれば継続してやる気にもなりますが、数日の運動では効果が現れるわけもありません。運動したほうが良いのはわかっていても、自分一人の意思だけではなかなか続かないものですよね。

効果が現れるには、カラダを効果的に使う事が必要

ウォーキングや、動画を見ての運動をする事でも『ある事』をしていたら『効果』はちゃんと現れます。そして、通勤やお買い物時の歩く動作や階段の登り降り等の日常の動作を『ある事』を意識して行うだけでも『効果』が現れるのです。

『ある事』とは簡単な話です。『コア・体幹』を使う事です。コア(体幹)トレーニングで『カラダを効果的に使う』事は、今やプロだけでなくアマチュアでもスポーツの世界で常識となっていますが、実は「運動しよう!」と、スポーツクラブやヨガスタジオに通っている運動習慣のある方でもコアは使えている方は少ないのです。

なぜならば、その人達は、『効果が現れる運動』=『コアを使う』為の効果的なカラダの使い方を知らないからです。正しい『効果的なカラダの使い方』をしていれば、コアを使う為の連動した筋肉が鍛えられコアが使えるようになり『効果』が目に見えて現れてきます。

効果の上がるカラダの使い方で日常生活を送る

通勤やお買い物中の歩行時、日常の座る・立つ時に行うだけです。『カラダの使い方』を意識し動くだけでも、カラダは変わってきます。その効果の結果「継続して運動する」契機になれば幸いです。コロナ禍の今、適度な運動で『免疫力を上げる』ためにも運動をしましょう。

執筆
岡田 香奈氏
ヨガ・ピラティス・フィットネスインストラクター/パーソナルトレーナー/ピラティス養成コース講師

ファンクショナルローラーピラティス®FRPマスタートレーナー、グンゼスポーツインストラクタートレーナー、他、多数資格取得。学生からスキーを始め、全日本スキー技術選手権大会、元兵庫県代表選手。スキーのオフトレーニングとして始めたエアロビクスのIRとなり、指導歴25年以上。ピラティス、ヨガ指導歴20年以上。一般の方対象のクラス以外にも、インストラクターや上級者向けの講座・WS、ピラティス資格認定講座を定期的に開催。アスリート目線でパフォーマンス能力向上、強化部位の特定トレーニング、ケガの防止や日々の大人数グループレッスンで培った経験から、動作の繋がりを重視し、メリハリの効いた『エクササイズのプログラミング』でクライアントに喜んで貰えるレッスンを心掛けている。