ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」を展示

2019年7月19日

写真:ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500C
ダイレクトドライブターンテーブルシステム
SL-1500C
1階テクニクス リスニングルーム
音楽のない人生なんて内で展示中

パナソニック株式会社はテクニクスブランドにおいて、初めての方でも手軽に高音質なレコード再生を楽しめるダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500Cを6月28日より発売しました。
アナログレコードの需要は年々増加しており、かつてレコードに親しんだ50歳代以上の男性を中心とした音楽愛好家だけでなく、初めてレコードに触れる10~30歳代の若年層にも購入者が広がっています。
本製品は新生テクニクスのターンテーブルの開発で培った技術を継承し、2017年発売のSL-1200GRで採用したシングルローター型コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッター、2層構造の筐体などの基本設計をベースに、本製品に最適なチューニングを施しています。また新たにフォノイコライザーを内蔵し、本製品をPHONO入力のないオーディオ機器に直接接続することが可能です。さらにカートリッジを同梱しましたので、カートリッジを別途購入する必要がなく、接続してすぐにレコード再生を楽しめます。このほかレコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能を搭載し、レコード盤や針の磨耗を防いで快適なレコード再生をサポートします。
当社は本製品をHi-Fiターンテーブルのエントリーモデルとして、音にこだわるオーディオユーザーから初めてのアナログプレーヤー購入者まで、幅広いユーザーに提案していきます。

<特長>

  1. コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッターなどの高音質化設計
  2. フォノイコライザー内蔵、カートリッジ同梱ですぐにレコード再生を楽しめる
  3. レコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能

パナソニックセンター大阪では、7月12日より、1階 テクニクス リスニングルーム“音楽のない人生なんて”内に展示しております。
貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

写真:ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500C
ダイレクトドライブターンテーブルシステム
SL-1500C

パナソニック株式会社はテクニクスブランドにおいて、初めての方でも手軽に高音質なレコード再生を楽しめるダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500Cを6月28日より発売しました。
アナログレコードの需要は年々増加しており、かつてレコードに親しんだ50歳代以上の男性を中心とした音楽愛好家だけでなく、初めてレコードに触れる10~30歳代の若年層にも購入者が広がっています。
本製品は新生テクニクスのターンテーブルの開発で培った技術を継承し、2017年発売のSL-1200GRで採用したシングルローター型コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッター、2層構造の筐体などの基本設計をベースに、本製品に最適なチューニングを施しています。また新たにフォノイコライザーを内蔵し、本製品をPHONO入力のないオーディオ機器に直接接続することが可能です。さらにカートリッジを同梱しましたので、カートリッジを別途購入する必要がなく、接続してすぐにレコード再生を楽しめます。このほかレコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能を搭載し、レコード盤や針の磨耗を防いで快適なレコード再生をサポートします。
当社は本製品をHi-Fiターンテーブルのエントリーモデルとして、音にこだわるオーディオユーザーから初めてのアナログプレーヤー購入者まで、幅広いユーザーに提案していきます。

<特長>

  1. コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッターなどの高音質化設計
  2. フォノイコライザー内蔵、カートリッジ同梱ですぐにレコード再生を楽しめる
  3. レコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能

パナソニックセンター大阪では、7月12日より、1階 テクニクス リスニングルーム“音楽のない人生なんて”内に展示しております。
貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

1階テクニクス リスニングルーム
音楽のない人生なんて内で展示中