コンパクトステレオシステム「SC-C70MK2」を展示

2020年10月2日

パナソニック株式会社は、テクニクスブランドにおいて、プレミアムクラスのコンパクトステレオシステム SC-C70MK2を2020年10月23日より発売します。
近年、音楽ストリーミングサービスの拡大やハイレゾ音源の普及など、音楽を楽しむ環境が多様化しており、さまざまな音楽コンテンツを高音質で楽しみたいというニーズが高まっています。
本製品は、従来機種SC-C70で好評の一体型ボディ、オールインワンのコンセプトやデザインを継承しながら、さらなる音質の向上を図りました。新開発のスピーカーユニットを採用し、音響レンズを最適化することで、より明瞭でスケールの大きなサウンドを実現しています。また、設置場所に合わせて最適な音質に調整する「Space Tune™」のモードに、設置した位置での音を内蔵マイクにより測定し、壁からの距離や反射の影響を自動で調整する「Space Tune™ Auto」を新たに搭載しました。さらに、「Chromecast built-in」に対応し、さまざまな音楽ストリーミングサービスを楽しむことができます。CD、FM/AMラジオ、インターネットラジオ、USB、アナログ/光デジタル入力など幅広い音楽ソースに対応したほか、Wi-Fi®内蔵、Bluetooth®/AirPlay 2対応により、スマートフォンなどに保存した音楽をワイヤレスで再生できるなど、1台で幅広い音楽コンテンツを手軽に楽しめます。
当社は音質と機能を向上させた本製品により、上質で豊かな音楽がある暮らしを提案していきます。

<特長>

  1. 新開発のスピーカーユニットの採用や音響レンズの最適化で
    より明瞭でスケールの大きなサウンドを実現
  2. 部屋の広さや置く場所に合わせて最適な音質に自動調整する
    「Space Tune™ Auto」
  3. 音楽ストリーミングサービスやハイレゾ音源・CD・レコードプレーヤー(※1)など
    幅広い音楽コンテンツに対応

パナソニックセンター大阪では、9月23日より、1階 テクニクス リスニングルーム “音楽のない人生なんて”内に展示しております。
商品を体験していただけます。

※1 レコードプレーヤーを使用する場合は、フォノイコライザーアンプ(市販品)が必要です。