磁石と磁力線

磁石のまわりの砂鉄はどんなもようを描きましたか?このもようは、磁石の力(磁力)が生み出す「磁力線」にそって砂鉄がならんだものです。

磁石はN極とS極の間で、引きあったり、しりぞけあったりします。画像のように磁力がはたらく場所に、弱い磁石(コンパス)を置いたとき、そのN極が指す向きを描いたものを磁力線といいます。線がたくさん集まっている場所ほど、はたらく磁力も強くなります。

磁石のN極とS極を起点に生じる磁力線の方向を示すイラスト

身近な事例

私たちの地球も、じつは巨大な磁石です。地球は、北極がS極、南極がN極になっています。どこでもこの地球の磁力(地磁気)がとどくため、コンパスのN極はいつも北を指します。磁石は地球を知るヒントにもなるのです。

この地磁気は、長い地球の歴史でNとSが何度か逆転しています。でも、ある日突然、くるんと反対になるわけではありません。それまでの地磁気が徐々に弱まり、コンパスを使っても方角を読めない時代が訪れ、やがて逆転するのです。もっとも最近の地磁気逆転は約77万年前とされています。

協力:東京理科大学教授 川村 康文

地球の北極と南極から生じる磁力線のイラスト

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。

AkeruEを体験する

チケットのアイコン

チケット購入

ご来場の際は、入場チケットの事前購入をお願いします。

複数枚チケットのアイコン

団体予約

15名以上で来館される場合は、こちらから日時のご予約をお願いします。