イベントレポート

パナソニックセンター東京では、年間を通じて様々なイベントを実施しています。
ご来場やイベント申し込み前に、動画やWebページでイベントの様子をご確認いただけます。
ぜひ、イベント内容、会場の雰囲気をご覧ください。

パラリンピック1年前イベントレポート

2019年8月24日(土曜日)パナソニックセンター東京(以下、PC東京)にてパラリンピック1年前を盛り上げるイベントを開催しました。
午前のイベントでは、パラリンピアン、スポーツピクトグラムのデザイナー、マンガ・動画を通じてパラスポーツの魅力を発信している方々をゲストにお招きし、トークショーを実施。各々の立場から紐解くパラリンピックのより多様な見方・描き方を伺いました。
午後はインクルーシブスポーツについて考えるワークショップを実施。体格や年齢、国籍や障害の有無に関わらず、誰でも楽しめる新しいスポーツ「New MO!」を通じて、どんな人でも楽しめるスポーツについて参加者と一緒に考えました。

今回のイベントは、東洋大学より参加したインターン生9名に、一日広報担当としてイベントレポートを作成頂きました。以下レポーターからの記事をご紹介します。

公認プログラム

「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」

パラリンピックに関わる方々や、メディアを通じてスポーツを伝えている方々の視点を通じてパラリンピックのより多様な見方・描き方を学べる三部構成のトークショーでした。

写真:「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」会場の様子
会場の様子
写真:「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」第一部に登壇の廣村さん
第一部に登壇の廣村さん

第一部では廣村正彰さん(東京2020スポーツピクトグラム制作チーム代表者)からパラリンピックに使用されるピクトグラムについてお話がありました。今は知らない人々が多いですが、今後ピクトグラムを一目見て何を表しているのかわかってもらえるように広めていきたいとのことでした。

第二部では、鎌田和樹さん(UUUM株式会社 代表取締役社長CEO)、松崎英吾さん(日本ブラインドサッカー協会専務理事兼事務局長)、上野直彦さん(スポーツライター 漫画アオアシ取材・原案協力)が登壇。YouTuberによるパラリンピックスポーツの発信などを通してパラリンピックの敷居を下げて親しみやすさを感じてもらえるようにしていきたいといったお話や、競技としてのパラスポーツの素晴らしさを知ってほしいというお話がありました。

写真:「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」第二部に登壇の鎌田さん、松崎さん、上野さん(左から)
(左から)第二部の鎌田さん、松崎さん、上野さん
写真:「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」第三部に登壇の上田さん、河合さん、半谷さん、池さん、ケビンさん
第三部の上田さん、河合さん、半谷さん、池さん、ケビンさん

第三部には、上田和摩さん(アニ×パラ 制作チーム代表)、河合克敏さん(漫画家)、パラリンピアンの半谷静香さん(柔道選手)、池透暢さん(車いすラグビー選手)、ケビン・オアーさん(車いすラグビー日本代表監督)が登壇し、主にパラリンピアンをモデルにした「アニ×パラ」についてのお話がありました。
上田さんからオファーを受けた河合さんは、障害スポーツを深く知ろうとしたとき、その魅力に大きく引き寄せられ、楽しく思い、好きになったとのこと。モデルとなった池選手は、アニメによって自分の内面も忠実に描かれていて感動したとおっしゃっていました。

本イベントには約130人が来場。参加者からは「パラリンピックに関わる人の想いを聞きけて良かった。」「障がい者のものではなく、スポーツとして考えるきっかけになった。」といった声が聞かれ、一人ひとりがパラリンピックの見方をみつめ直すきっかけとなりました。

写真:「パラリンピックのちから~東京2020開催まであと1年~」ゲストの皆様 前列左から 河合さん、半谷さん、池さん、ケビンさん。後列左から 平地さん、廣村さん、鎌田さん、松崎さん、上田さん、上野さん。
ゲストの皆様 前列左から 河合さん、半谷さん、池さん、ケビンさん
後列左から 平地さん、廣村さん、鎌田さん、松崎さん、上野さん

~執筆者による感想~

執筆者写真:小坂愛

ピクトグラムやアニ×パラなど、知らないことが多数ありましたがご本人様たちのお話のおかげで多くの情報を得ることができました、ありがとうございました。(小坂 愛)

執筆者写真:岩田明日香

YouTubeなどのSNS媒体や漫画によってブラインドサッカーの魅力などの情報を得て、パラリンピックをもっと広めていきたいと思いました。ありがとうございました。(岩田 明日香)

執筆者写真:林寛斗

パラリンピックに対して偏見を持っていたけど、興味深い話ばかりで、是非とも観戦してみたいと思いました。ありがとうございました。(林 寛斗)

執筆者写真:篠田龍生

この機会にパラリンピックの種目を多く知ることができました。これからは更にパラリンピックに関心を持ちたいと思います。ありがとうございました。(篠田 龍生)

Let's make original New MO!

同日午後には「Let's make original New MO!」というワークショップが行われました。

写真:「Let’s make original New MO!」ゲストの室伏さん、田口さん、半谷さん、池さん、ケビンさん
ゲストの室伏さん、田口さん、半谷さん、池さん、ケビンさん
写真:New MO!のデモンストレーション
New MO!のデモンストレーション

New MO!とは、勝ち負けに留まらない、「通じ合い」「楽しみ合える」誰もが楽しめる新しいスポーツです。
室伏由佳さん(陸上競技オリンピアン)、田口亜紀さん(射撃パラリンピアン)、午前から引き続き、池さん、半谷さん、ケビンさんにもご参加頂き、参加者はグループに分かれアスリートとともに独自のルールを考案・発表しあい競技に取り組みました。

写真:New MO!を体感
New MO!を体感
写真:チーム別に独自ルールを作り、チャートにまとめて発表
チーム別に独自ルールを作り、チャートにまとめて発表

参加者の声

  • 健常者、障がい者、性別、年齢問わずみんなで楽しく参加できた。
  • 思ったより疲れた。
  • オリジナルなルールを作る競技で新鮮だった。
  • いつかNew MO!がオリンピック種目になるといい。
写真:「Let’s make original New MO!」参加者全員で記念撮影
参加者全員で記念撮影

~執筆者による感想~

執筆者写真:呉羽佑介

障がい者スポーツに関わる機会がなかなかなかったので今回はとても貴重な経験となった。また競技者のカテゴリが分かれていない競技の難しさも実感した。(呉羽 佑介)

執筆者写真:反橋可恋

目の見えない方や体の不自由な方なども含め、たくさんの影響や勇気を与えているスポーツは、改めて素敵だなと思いました。(反橋 可恋)

執筆者写真:高橋成葉

今回のイベントに参加し、自分自身とても楽しむことができ、NewMo!のような老若男女、健常者障がい者関係なく楽しめるスポーツがもっと増えたらいいと思う。(高橋 成葉)

執筆者写真:平田千聖

今回の活動で、2020年に向けて、スポーツが盛り上がっているのを感じることができました。(平田 千聖)

執筆者写真:飯田 一輝

イベントに参加したことで、改めてスポーツの持つ力を感じることができました。2020年の東京パラリンピックにも注目したいと思いました。(飯田 一輝)

パナソニックセンター東京では、これからも皆さんと「いっしょにTOKYOをつくろう」をテーマに、様々なアクティビティを行ってまいりますので、ぜひご参加ください。