イベントレポート

パナソニックセンター東京では、年間を通じて様々なイベントを実施しています。
ご来場やイベント申し込み前に、動画やWebページでイベントの様子をご確認いただけます。
ぜひ、イベント内容、会場の雰囲気をご覧ください。

Diversity & Inclusion 第8弾「東京2020と食」

2020年2月9日(日曜日)パナソニックセンター東京(以下、PC東京)にて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と食をテーマにしたイベントを開催しました。世界中から多様な人が日本に集まる東京2020大会を間近に控えた今、多様性を理解する「Diversity & Inclusion」第8弾として食の多様性を理解することをテーマにいまから私たちができる“おもてなし”について考える内容となりました。
当日は明治学院大学MGオリンピック・パラリンピックプロジェクト実行委員会よりボランティア学生7名に参加頂き、運営や広報担当としてイベントレポートを作成頂きました。
以下レポーターからの記事をご紹介します。

東京2020協賛ロゴ

今回のイベントは、ゲストによる講演とパネルディスカッション、ワークショップ、試食会の三部構成でした。文化や宗教の中で培われた食の多様性を知り、食のおもてなしを考えるきっかけとなりました。中高生を中心に幅広い年齢層の方々にご参加いただきました。

会場の様子
会場の様子

講演とパネルディスカッション

最初に、食事を提供する側の視点から、シェフ三國清三(みくにきよみ)氏が食のおもてなしについて講演してくださいました。選手や観光客に良い食事を提供するための、オリンピックの基準やおもてなしについて学ぶことができました。ヴィーガンとベジタリアン、ハラルについても詳しく知ることができました。また、おもてなしはその土地のありのままの食事を提供することであり、江戸東京野菜をアピールする機会になるとおっしゃっていました。参加した学生からは、伝統的な郷土料理を変えること対して質問がありました。それに対し「基本を守る中でアレンジをしていく姿勢を持っている」と答えていました。

続いて、三國氏、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティ代表理事の工藤 柊(くどう しゅう)氏、グリーンカルチャー株式会社の金田 郷史(かねだ さとし)氏3名によるパネルディスカッションが行われました。それぞれの立場から、オリンピックと食の多様性、活動の中での気づき、食の多様性の実現についてお話していただきました。日本では、ヴィーガンやベジタリアンが受け入れられ、食事の選択肢の1つになればいいというお話もありました。

シェフ三國清三氏
シェフ三國清三氏
(左から)三國シェフ、工藤さん、金田さん
(左から)三國シェフ、工藤さん、金田さん

ワークショップ

第二部のワークショップでは、イベント参加者で話し合い、グループごとに「食の多様性」実現に向けてのアイデアを発表しました。まず、付箋に自身の経験を書き、参加者にとっての「食の多様性」を共有しました。どのグループも話が盛り上がりました。どのグループでも、知識がないことが問題点として挙げられました。解決するために、講演会等の学びの機会の提供、ポスター等の作成や掲示のアイデアが出ました。

ワークショップの様子
ワークショップの様子
ワークショップの様子
ワークショップの様子

試食会

試食会ではヴィーガン料理が3種類振舞われました。大豆ミートを使ったから揚げと磯部揚げ、コーヒーゼリー、ブルスケッタでした。どれもとてもおいしくて、今後ヴィーガン料理を日本にひろめたいと思いました。

大豆ミートを使ったから揚げと磯部揚げ
大豆ミートを使ったから揚げと磯部揚げ
コーヒーゼリー
コーヒーゼリー
ブルスケッタ
ブルスケッタ

~執筆者による感想~

執筆者写真:今村美結

ヴィーガンやハラルについて考えるいい機会になりました。ヴィーガン料理に挑戦してみたいですが、まずは日本の食材の旬を大事にしたいと思いました。(今村 美結)

執筆者写真:松永美樹

今まで国籍や文化の多様性を主に学んでいたので、今回ヴィーガンの方やベジタリアンの方のお話を聞き、食の多様性について知ることができてとても勉強になりました。ありがとうございました。(松永 美樹)

執筆者写真:飯田こと葉

東京2020大会はスポーツだけではなく、様々な文化交流の機会でもあると改めて考えさせられました。今回のイベントでは「食の多様化」に向けての現状をよく知ることができたので、他人事としてではなく皆が考えていけるといいなと思いました。(飯田 こと葉)

執筆者写真:植草亜美

ヴィーガンやベジタリアンのことについて詳しい話を聞くことができてとてもためになりました。それとともに三國シェフが「オリンピックとはただ運動するだけではない」とおっしゃっていたのが印象的で、運動だけでなくさまざまな方面で理解を深めておもてなしをもっと向上させたいと感じました。ありがとうございました。(植草 亜美)

執筆者写真:石井柚衣

初めてヴィーガンの方々のお話を聞いて、まずは私達がヴィーガンについて知ることが大切なのだと感じました。
私達もヴィーガン食品を実際に食べてみることで、今よりも理解が深まるのだと思います。
今回のイベントを通して、ヴィーガンやベジタリアンについて考えるきっかけになりました。(石井 柚衣)

執筆者写真:利守友葵

ベジタリアンやヴィーガンについてなど初めて知ったことも多く、とても勉強になりました。東京2020大会という大きなイベントをきっかけに、世界中の多様な生き方をお互いが認め合えるようになるため、各々が身近なことから始めていくべきだと感じました。(利守 友葵)

執筆者写真:高畑梨維

今までオリンピックと食を関連づけて考えたことがなかったので、考えることが多くありました。日本でもベジタリアンやヴィーガンなど食の多文化が進んでいるなかで、どのような方法でそれを広めて認識してもらうのかを考えることが大事なことだと気づくことができました。また、ヴィ―ガンの食事でもハンバーグや唐揚げやケーキなどがあることを知って、食べてみたいと思いました。(高畑 梨維)