施設案内

パナソニックセンター東京は、パナソニックのグローバルな総合情報受発信拠点です。

お客さま一人ひとりにとってのより良いくらし、より良い世界を目指す「A Better Life,A Better World」の実現に向けて具体的な取り組み、ソリューションをお見せし、お客さまから直接ご意見、ご要望をいただくコミュニケーションの場です。
「すべてはお客さまのために」を原点に、より多くの皆さまと接しながら新たな価値を創造してまいります。

パナソニックセンター東京は、お客さまとともに進化しつづけます。

写真:パナソニックセンター東京の正面入り口

おもてなし規格認証2019「紫認証」を取得

パナソニックセンター東京は、経済産業省がサービス産業及び地域経済の活性化を目的として創設した「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証(むらさきにんしょう)」を取得しました。
紫認証は、お客様の期待を大きく超える「おもてなし」提供者として、30の規格項目のうち24項目以上の取り組みに該当し、さらに各取り組みの成熟度について認定機関が審査し、高い評価としたものです。

高いおもてなしを生み出す取り組みとして、サービス提供に必要な仕組みづくりや品質向上への取り組み、またその取り組みに継続性がある点などについて評価を得ています。

パナソニックセンター東京は、今後も「おもてなし」品質の向上に努めていきます。

おもてなし企画認証2019認証書

おもてなし規格認証とは・・・

「おもてなし規格認証」は、経済産業省が創設した認証制度です。サービス産業に従事する各事業者のサービス品質を「見える化」することで、サービス産業及び地域経済の活性化を目的とし、各認証のサービス品質レベルは、「情報提供」「設備」「職場環境」「業務改善」「顧客理解・顧客対応」「人材教育・育成」など30の規格項目に関する取り組み内容と、その精度によって分類されています。

▼おもてなし規格認証

施設のアクセシビリティ

【スロープ】
東エントランス(りんかい線 国際展示場駅側)の階段横にはスロープを設置しています。
車いすやベビーカーをご使用の方はもちろん、手すりの必要な方もご利用ください。
※なお、運営上エントランスを一時クローズする場合もございますのでご注意ください。
南エントランス(ビッグサイト側)は、段差がないので、そのままご入場いただけます。

写真:スロープ使用イメージ1
東エントランスのスロープ
写真:スロープ使用イメージ2
通行しやすいゆったり設計
写真:スロープ使用イメージ3
手すり「スマートガイド」を設置

車いす、ベビーカーでも通行しやすいようゆったりと幅を取っています。
また、手すり「スマートガイド」は当社のHD-PLCという技術で、手すり下のLED光をフラッシング制御が可能。
群衆誘導や避難誘導の活用に向け、実証実験を行っています。

【だれでもトイレ】
パナソニックセンター東京では、お客さまの声をもとに「誰でもトイレ」を設置しました。
赤ちゃんとご一緒の方はもちろん、ご高齢者、車椅子をご使用の方などさまざまな方に使いやすい設計です。

写真:誰でもトイレ
  1. 手摺りつきトイレ
  2. ベビーチェア
  3. おりたたみベッド(収納式手すりつき多目的シート)
  4. フィッティングボード
  5. オストメイトの方に配慮したストーマ装具洗浄設備

などが揃っています。

写真:ストーマ装具洗浄設備

ストーマ装具洗浄設備

「地球環境との共存」「快適環境の実現」を目指した取り組み

パナソニックセンター東京は、2002年9月の設立で、その設計段階から同等規模の複合展示施設に比べて、消費エネルギーを大幅に削減することを目指し、雨水利用、エネルギー管理システムなどを導入しております。
竣工後も、施設内の天井基本照明ダウンライトのLED化をいち早く導入し機器の省電力化や、アトリウムガラス面のロールスクリーン設置による日差しの冷房負荷低減、インバータ機器への設備更新、窓ガラス熱吸収フィルム採用など、こまめなエネルギー制御に取り組み、建物全体で省エネルギーの推進に努めています。
2002年9月の竣工当時と比較し約40%のエネルギー削減を達成しています。
今後も、地域や環境にやさしい安全安心で快適な施設運営を推進してまいります。

写真:パナソニックセンター東京の建物外観

建設概要

地面積

15,846.49平方メートル(約4,800坪)

延床面積

15,788.65平方メートル(約4,800坪) ※2004年10月5日改装

展示面積(1/2/3階)

3,247平方メートル(約984坪)

建物棟数

2棟(本棟、別棟)

フロア数

本棟 地上4階、別棟(有明スタジオ) 地上2階

起工

2001年3月19日

オープン

2002年9月14日

設計会社

株式会社日本設計

建設会社

大成建設株式会社、鹿島建設株式会社のジョイントベンチャー。