パナソニックセンター東京の取り組み

くらしに良い拠点であること。

パナソニックは、環境経営における長期ビジョン「パナソニック環境ビジョン2050」を2017年6月に策定しました。「より良いくらし」と「持続可能な地球環境」の両立に向け、クリーンなエネルギーでより良く快適にくらせる社会を目指しています。
この活動の一つである「持続可能な社会を目指した事業推進」として「CO2ゼロの工場づくり」に取り組んできました。この、「使うエネルギー」を減らして「創るエネルギー」を増やすという取り組みをショウルームにまで広げ、パナソニックセンター東京が、当社で初めて、CO2を排出しない「CO2ゼロショウルーム」となりました。

調達エネルギーの
CO2ゼロ化へ

  • 調達電力をバイオマス発電電力へ100%切り替えることで、電力使用に伴うCO2排出をゼロに
  • J-クレジット制度を活用することで、臨海副都心エリアの地域熱供給(冷温水使用)に伴うCO2排出をカーボン・オフセット

省エネの推進

省エネ設備の導入など、継続的な省エネ活動に取り組んでいます。

LED照明

施設全体の約60%に導入(導入時期2018~2019年)

遮熱フィルム

施設全体の約80%に導入(導入時期2019~2020年)

クリーンエネルギーの活用

パナソニックが開発する純水素型燃料電池の実証運転を開始します。CO2を排出しないクリーンなエネルギーとして注目を集めている水素エネルギーを使って、安心してくらせる社会の実現に向けて、発電した電力と熱を有効に活用することを目指します。

設置イメージ

バイオマス発電とは?

木質チップ、パーム椰子殻といった廃棄される植物を燃料として発電。CO2を増加させずにエネルギーを作り出すことができる「カーボンニュートラル」という考え方によるクリーンな発電方法です。

※カーボンニュートラル…バイオマスは燃焼するとCO2を排出しますが、そのバイオマスが成長する過程でCO2を大気中から吸収したので、トータルするとCO2の量は変化しないという考え方。

カーボンニュートラルのイメージ

人の移動を減らしてCO2排出量を減らす改革を。

お客さまが移動して実際に来館しなくても、どこからでもパナソニックセンター東京の活動に参加していただけるよう、オンラインでのイベント・ワークショップの開催や、バーチャルショウルームコンテンツの公開を進めています。スタッフの移動についても、在宅勤務を積極的に行うことで通勤を少なくしました。これらの取り組みによって、公共交通機関の利用を減らし、社会におけるCO2排出量の削減にも貢献しています。
今後は、CO2排出量の削減にとどまらず、資源の有効活用や廃棄物の削減にもチャレンジし、CO2ゼロのショウルームとして展示場やイベント・セミナーなどにおける発信を拡充していきます。

〈パナソニックセンター東京の運営施策、働き方改革によるCO2削減イメージ〉

※Scope1:自社で所有・支配する施設からの直接排出量(例:都市ガスや重油の使用に伴う排出量)
※Scope2:自社で所有・支配する施設で消費するエネルギーの製造時からの排出量
※Scope3:Scope1・Scope2を除く、その他の間接的な排出量