Re-Life Story 男のロマンを実現、至福のスペースへ アメリカンガレージハウス

夫58歳、大手住宅機器メーカー勤務。妻の実家の援助を受け、実家に近い場所に注文住宅を建築。

ぽっかり空いたガレージ

僕ら夫婦の趣味はサイクリング。家を建てる際、陽当たりが悪い1階を無理に部屋にするより、息子が大人になったとき彼の車も置けるように、駐車スペースを2台分確保しておいた。しかし息子は一度も車に興味を持つことなく、独立して出て行ってしまった。

夢を叶えるネーミング

息子が独立した後も、我が家のガレージの半分はずっと物置き状態だった。シャッターもないから不用心だし見栄えも悪い。なんとかしてほしいと妻に言われ、コンシェルジュに相談しようとショウルームに足を運んだ。解決策は、ガレージの「ホビールーム計画」だった。夫婦の趣味が同じだということもあったが、コンシェルジュの発した「夫婦のホビールーム」というネーミングがズバッと心に刺さり、僕も妻も二つ返事で賛成した。

夫婦ふたりのホビールーム

リフォームは、モルタルの吹き付けだったガレージの天井と壁を杉材でカバーし、シャッターを付けたくらい。でも、居住空間として俄然のびやかな空間になった。僕はここで自転車の整備をしたり、音楽を聴きながらお酒を飲んだりして過ごす。壁面はオープン収納にしたから、ふたりが大事にしている自転車やアウトドアギアもディズプレイできるようになって大喜びだ。

PLAN

Before After

体感する

くらしをテーマに、住空間で
“気づく””感じる”をご提案。
カフェやライブラリーもご利用ください。

参加する

趣味を楽しんだり、知識を身に付けたり。
毎日のくらしをもっと充実させる、
様々なヒントに出会ってみませんか。

相談する

リフォーム、不動産、ファイナンシャルプラン、シニアサポートなど。
コンシェルジュが、お客様一人ひとりの立場でご相談に応じます。

TEL:0800-170-3860

フリーコール 携帯電話PHS OK

コンシェルジュ相談時間:10:00-18:00

ご相談受付は17:00まで