新製品展示情報

デジタルカメラ LUMIX「DC-TX2」を展示

2018年2月16日

デジタルカメラ
DC-TX2-K
1階ルミックスステーション大阪に展示

パナソニックは、1.0型MOSセンサー&光学15倍 ライカ DC レンズを搭載し、高倍率と高画質を実現したコンパクトデジタルカメラ LUMIX DC-TX2 を3月15日より発売します。

本製品は、20.1Mの1.0型高感度MOSセンサーと光学15倍 ライカ DC レンズを搭載し、高倍率で高画質な撮影を実現しました。旅行先などで近づけない場所での望遠撮影でも高画質で印象的な写真を残すことができます。また、W端時3cmまで被写体に近づいてのマクロ撮影もできるので、細やかな装飾などもディテールをしっかり記録することが可能です。こだわりの撮影を実現する操作性も向上しました。ファインダー倍率約0.53倍※1の約233万ドット相当のLVFを採用し、望遠時も快適に撮影を楽しめます。また、モニターは約124万ドットのタッチパネル液晶を採用しました。更に、秒間30コマ連写で決定的瞬間の撮影ができる「4Kフォト」も進化しました。被写体の動きや人物の顔を検出し自動でマーカーを設定できる「4Kフォト オートマーキング」や一連の動きを1枚の写真に合成する「4Kフォト 軌跡合成」も新たに搭載し、撮影の楽しさや使いやすさが向上しました。

パナソニックセンター大阪では、2月15日より、1階ルミックスステーション大阪に展示しました。
体験できる貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:35mm判換算。