新製品展示情報

交換レンズ「H-ES50200」を展示

2018年3月5日

交換レンズ
H-ES50200
1階ルミックスステーション大阪に展示

パナソニックは、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-ES50200」を5月24日より発売します。

本製品は、100-400mm※1の望遠ズームレンズで、ライカの厳しい光学基準をクリアし、F2.8-4.0「ELMARIT(エルマリート)」の明るさを実現しました。非球面レンズ2枚を含む15群21枚構成で、ズーム全域で優れた描写特性を実現し、スナップ撮影から野生動物、スポーツまで望遠が必要なシーンで高画質撮影ができます。レンズ本体は、小型軽量設計を実現し、防塵・防滴仕様※2やマイナス10℃の耐低温性能にも対応し、不用意なフード外れを防ぐ「フードロック」も採用しています。また、別売の2.0xテレコンバーター※3を装着すれば最大で800mm※1の超望遠撮影もお楽しみいただけます。さらに、4K動画撮影中のズームやパンニング時の露出変化制御、AFサーチ時の高速・高精度・静音化を実現し、快適な動画撮影をサポートします。

パナソニックセンター大阪では、2月27日より、1階ルミックスステーション大阪に展示しました。
体験できる貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:35mm判換算。
※2:当社製防塵・防滴対応カメラボディに装着時。
※3:テレコンバーター DMW-TC20 装着時、F値が2段分暗くなります。2月22日発売。