4Kチューナー内蔵ディーガ「DMR-4W400」を展示

2019年7月26日

4Kチューナー内蔵ディーガ
DMR-4W400
2階オトナのひとり住まい内で展示中

パナソニック株式会社は、業界で初めて※1「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応した※2※3ブルーレイディスクレコーダーの新モデル、ディーガ「DMR-4W400」「DMR-4W200」「DMR-4S100」を7月19日より発売しました。
新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力です。本シリーズは、新4K衛星放送番組の視聴、ハードディスクへの録画に加え、放送画質のままブルーレイディスクにダビングが可能※3です。
新たに4K長時間録画モードに対応し、高精細な新4K衛星放送番組をより多く残すことができます。また、「4W400」「4W200」は新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載しているので、録りたい番組が重なっても2番組同時録画ができます。さらに録画番組の視聴だけでなく、ディーガにためた写真・動画や音楽をスマートフォンで楽しめる※5※6※7※8※9※10ご好評の「おうちクラウド機能」も進化しました。本シリーズでは、新たに写真・動画にメッセージを付けることができ※11、大切な思い出を家族と共有し、より楽しむことができます。また、ブルーレイディスクを本体にセットし、設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できるようになりました※12
当社は本シリーズにより、新4K衛星放送の様々な番組が楽しめる新しいAVライフを提案します。

<特長>

  1. 業界初※1「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応※2※3
    ・4K長時間録画モード対応で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる※3
    ・ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる※3
  2. 業界初※1「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応※2※3(DMR-4W400/4W200)
    ・新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる
  3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる※5※9「おうちクラウド機能」
    ・録画番組や写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる※5※6※7※8※9※10
    ・写真・動画にメッセージを付けて送れる※11
    ・写真・動画を自動でブルーレイディスクに保存できる※12

パナソニックセンター大阪では、7月19日より、2階“オトナのひとり住まい”内に展示しております。
貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2019年7月19日発売予定。
※2:新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K放送)およびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
※3:新4K衛星放送の録画・視聴・再生について
●「新4K衛星放送」の番組は、USB2.0のUSB-HDDまたはブルーレイディスクへの直接録画、DVDへの直接録画はできません。4KDRモード/4K長時間録画モードの番組は、SeeQVaultフォーマットのUSB-HDDへのダビング、お引越しダビング、1.3倍速再生、ゆっくり/はっきり再生はできません。
●4KDRモード/4K長時間録画モードのブルーレイディスクに記録した番組は、他機器では再生できない場合があります。
●4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。
●DMR-4S100は新4K衛星放送の複数同時録画はできません。新4K衛星放送対応チューナーを使用して地上デジタル放送やBS/CS放送を録画中の場合、新4K衛星放送の視聴・録画はできません。
●DMR-4W400/200で新4K衛星放送の2番組同時録画中は、他の新4K衛星放送を視聴することはできません。USB3.0対応のUSBハードディスクに新4K衛星放送2番組を含む同時3番組録画中は、USBハードディスク内の録画済み番組の再生はできません。
※5:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロードが必要です。iOS10.3以降、Android(TM)5.1以降に対応。
※6:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
※7:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)で再生できる音楽データは、AAC/FLAC/WAV形式です。
FLAC/WAVファイルを再生するにはディモーラのプレミアム会員登録(有料)が必要です。
※8:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
※9:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップすることをおすすめします。
※10:
●放送中番組/録画済み番組の宅外リモート視聴 スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。
●CD楽曲、写真・動画の宅外リモート視聴 スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。ペアリング期限の更新は不要です。
●本シリーズに登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本シリーズの使用状況によっては視聴できない場合があります。本シリーズを日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線LANブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
※11:ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
※12:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4、撮影ビデオはAVCHDとなります。対応メディアはBD-R、BD-REです。パナソニック製のディスクの使用をおすすめします。保存用のディスクは、高湿度、高温、直射日光などを避け、できるだけ外部からの力がかからない環境で保管してください。
※:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによってはハイビジョン解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は(https://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。
・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18 Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。

4Kチューナー内蔵ディーガ
DMR-4W400

パナソニック株式会社は、業界で初めて※1「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応した※2※3ブルーレイディスクレコーダーの新モデル、ディーガ「DMR-4W400」「DMR-4W200」「DMR-4S100」を7月19日より発売しました。
新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力です。本シリーズは、新4K衛星放送番組の視聴、ハードディスクへの録画に加え、放送画質のままブルーレイディスクにダビングが可能※3です。
新たに4K長時間録画モードに対応し、高精細な新4K衛星放送番組をより多く残すことができます。また、「4W400」「4W200」は新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載しているので、録りたい番組が重なっても2番組同時録画ができます。さらに録画番組の視聴だけでなく、ディーガにためた写真・動画や音楽をスマートフォンで楽しめる※5※6※7※8※9※10ご好評の「おうちクラウド機能」も進化しました。本シリーズでは、新たに写真・動画にメッセージを付けることができ※11、大切な思い出を家族と共有し、より楽しむことができます。また、ブルーレイディスクを本体にセットし、設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できるようになりました※12
当社は本シリーズにより、新4K衛星放送の様々な番組が楽しめる新しいAVライフを提案します。

<特長>

  1. 業界初※1「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応※2※3
    ・4K長時間録画モード対応で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる※3
    ・ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる※3
  2. 業界初※1「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応※2※3(DMR-4W400/4W200)
    ・新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる
  3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる※5※9「おうちクラウド機能」
    ・録画番組や写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる※5※6※7※8※9※10
    ・写真・動画にメッセージを付けて送れる※11
    ・写真・動画を自動でブルーレイディスクに保存できる※12

パナソニックセンター大阪では、7月19日より、2階“オトナのひとり住まい”内に展示しております。
貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2019年7月19日発売予定。
※2:新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K放送)およびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
※3:新4K衛星放送の録画・視聴・再生について
●「新4K衛星放送」の番組は、USB2.0のUSB-HDDまたはブルーレイディスクへの直接録画、DVDへの直接録画はできません。4KDRモード/4K長時間録画モードの番組は、SeeQVaultフォーマットのUSB-HDDへのダビング、お引越しダビング、1.3倍速再生、ゆっくり/はっきり再生はできません。
●4KDRモード/4K長時間録画モードのブルーレイディスクに記録した番組は、他機器では再生できない場合があります。
●4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。
●DMR-4S100は新4K衛星放送の複数同時録画はできません。新4K衛星放送対応チューナーを使用して地上デジタル放送やBS/CS放送を録画中の場合、新4K衛星放送の視聴・録画はできません。
●DMR-4W400/200で新4K衛星放送の2番組同時録画中は、他の新4K衛星放送を視聴することはできません。USB3.0対応のUSBハードディスクに新4K衛星放送2番組を含む同時3番組録画中は、USBハードディスク内の録画済み番組の再生はできません。
※5:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロードが必要です。iOS10.3以降、Android(TM)5.1以降に対応。
※6:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
※7:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)で再生できる音楽データは、AAC/FLAC/WAV形式です。
FLAC/WAVファイルを再生するにはディモーラのプレミアム会員登録(有料)が必要です。
※8:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
※9:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップすることをおすすめします。
※10:
●放送中番組/録画済み番組の宅外リモート視聴 スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。
●CD楽曲、写真・動画の宅外リモート視聴 スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。ペアリング期限の更新は不要です。
●本シリーズに登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本シリーズの使用状況によっては視聴できない場合があります。本シリーズを日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線LANブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
※11:ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
※12:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4、撮影ビデオはAVCHDとなります。対応メディアはBD-R、BD-REです。パナソニック製のディスクの使用をおすすめします。保存用のディスクは、高湿度、高温、直射日光などを避け、できるだけ外部からの力がかからない環境で保管してください。
※:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによってはハイビジョン解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は(https://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。
・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18 Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。

2階オトナのひとり住まい内で展示中