マッサージチェア【リアルプロ】「EP-MA100」を展示

2019年8月8日

マッサージチェア「リアルプロ」
EP-MA100
1階Re-Life ライブラリー内で展示中

パナソニック株式会社は、操作器に大型タッチパネルを採用し、操作性を向上させたマッサージチェア「リアルプロ」EP-MA100を8月1日より発売しました。
2001年に発売を開始したマッサージチェア高級シリーズ「リアルプロ」は、全身のコリを揉みほぐすマッサージ機能がコリや疲れに悩むシニア層の男性を中心※1に高い評価を得ています。
同シリーズはこれまで、マッサージ機能や座り心地などの機能向上を図り好評を博してきましたが、一方では「高機能はそのままに、操作のしやすさ」を求める声がありました。
本製品は、従来※2より好評の多彩なもみ技を158種類から164種類に増やし、より充実した好みのマッサージが出来るようになりました。同時に新たにタッチパネルコントローラーを採用したことで、操作性を向上。大きなボタンで、コースや揉みたいポイントを選びやすくさせ、好みのマッサージをわかりやすく直感的に操作出来るようにしました。また、パソコンの長時間使用などにより、幅広い世代で腕の疲れが目立っていることに着目し、腕マッサージ部の構造を見直すことで、手のひらから上腕まで、より心地よいマッサージが可能となりました。
当社は本製品により、家庭で手軽に疲労回復や筋肉のこりをほぐしたいといったニーズに応え、多様化するライフスタイルをサポートします。

<特長>

  1. 操作器に「タッチパネル」を採用し、使いやすさを向上
    ・マッサージしたいポイントを直感的に操作
  2. 新開発のエアーバッグで、手のひらから上腕まで包み込むようにマッサージ
    ・つかみもみエアーバッグ採用

パナソニックセンター大阪では、8月2日より、1階“Re-Life ライブラリー”内に展示しております。
商品を体験できる貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:当社調べ 2019年3月 N=69
※2:当社リアルプロ EP-MA99 (2018年8月発売)

マッサージチェア「リアルプロ」
EP-MA100

パナソニック株式会社は、操作器に大型タッチパネルを採用し、操作性を向上させたマッサージチェア「リアルプロ」EP-MA100を8月1日より発売しました。
2001年に発売を開始したマッサージチェア高級シリーズ「リアルプロ」は、全身のコリを揉みほぐすマッサージ機能がコリや疲れに悩むシニア層の男性を中心※1に高い評価を得ています。
同シリーズはこれまで、マッサージ機能や座り心地などの機能向上を図り好評を博してきましたが、一方では「高機能はそのままに、操作のしやすさ」を求める声がありました。
本製品は、従来※2より好評の多彩なもみ技を158種類から164種類に増やし、より充実した好みのマッサージが出来るようになりました。同時に新たにタッチパネルコントローラーを採用したことで、操作性を向上。大きなボタンで、コースや揉みたいポイントを選びやすくさせ、好みのマッサージをわかりやすく直感的に操作出来るようにしました。また、パソコンの長時間使用などにより、幅広い世代で腕の疲れが目立っていることに着目し、腕マッサージ部の構造を見直すことで、手のひらから上腕まで、より心地よいマッサージが可能となりました。
当社は本製品により、家庭で手軽に疲労回復や筋肉のこりをほぐしたいといったニーズに応え、多様化するライフスタイルをサポートします。

<特長>

  1. 操作器に「タッチパネル」を採用し、使いやすさを向上
    ・マッサージしたいポイントを直感的に操作
  2. 新開発のエアーバッグで、手のひらから上腕まで包み込むようにマッサージ
    ・つかみもみエアーバッグ採用

パナソニックセンター大阪では、8月2日より、1階“Re-Life ライブラリー”内に展示しております。
商品を体験できる貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:当社調べ 2019年3月 N=69
※2:当社リアルプロ EP-MA99 (2018年8月発売)

1階Re-Life ライブラリー内で展示中