松下幸之助歴史館ができるまで ―松下幸之助が第三次本店に込めた想い―

パナソニックの創業100周年を記念して、かつて第三次本店が建っていた「その場所」に建物を復元し、新たに「松下幸之助歴史館」として蘇らせた建築プロジェクトの軌跡をご紹介します。1933年当時の建築技術や意匠はもちろん、松下幸之助がこの建物に込めた想いをもう一度見直すことで、松下幸之助のレガシーを継承し、未来を想い描く時間になればと思います。

2019年3月23日(土曜日)14時00分~15時00分 講演後にガイドツアーを実施
会場:松下幸之助歴史館

※開始時間に遅れた場合、ご参加いただけないことがあります。ご了承ください。

応募は締め切りました

講師:米津正臣 氏

株式会社 竹中工務店
設計第3部門 設計グループ長

1974年 愛知県生まれ
1997年 東京工業大学工学部建築学科卒業
1999年 同大学大学院修士課程修了
1999年~竹中工務店設計部

主な作品

あべのハルカス(2014)
宝ホールディングス歴史記念館(2017)
パナソニックミュージアム(2018)
三浦工業本社ショールーム(2018)
トヨタカローラ名神茨木店(2018)、他

写真:米津正臣 氏
Yonezu Masaomi