[松下幸之助歴史館 企画展]松下幸之助 伝える情熱<3部作>

松下幸之助歴史館 松下幸之助 伝える情熱<3部作> 第2部:幸之助が心を打ちこんだ「より良いくらし」

会期:2019年8月26日(月)~10月5日(土)

日本が戦後復興の波に乗った1950年代前半、家庭電化ブームが到来します。当社も洗濯機、白黒テレビ、冷蔵庫と大型新製品を相次ぎ発売。これらは国民の憧れの的となり、「三種の神器」にたとえられるようになりました。経済白書が「もはや『戦後』ではない」と宣言した1956年、松下幸之助は「松下電器5ヵ年計画」に着手。急速に事業を拡大する中、家電販売網の強化・拡大とともに徹底的に取り組んだのは、“需要家とのコミュニケーション”でした。“伝える情熱”第2部では、家電三種の神器の登場以降、幸之助が家電普及のために全力で取り組んだ、需要家とのコミュニケーション活動の軌跡を振り返ります。

創業から戦後復興にかかるプロモーション

幸之助は創業間もない頃から、需要家や販売店とのコミュニケーションを積極的に図る活動を行ってきました。1927(昭和2)年11月、販売店向けの機関誌として「松下電器月報」を創刊。1935(昭和10)年には、大阪・心斎橋筋に当社ショウルームの第1号となる「ナショナル電気ハウス」をオープン。1階は陳列即売所、2階は高級喫茶部、3階は事務所と店員寄宿舎でした。これらの活動は戦争により一時中断を余儀なくされましたが、戦後の混乱を乗り越え徐々に再開されていきました。

松下電器5か年計画を達成!

1955(昭和30)年後半からの神武景気に支えられ、実質経済成長率は8.8%に到達。幸之助は1956(昭和31)年に「5ヵ年計画」を発表。増販へ全員に奮起を促しました。「この計画は多少の波乱、多少の不景気があっても必ず実現できる。なぜかというと、これは一般大衆の要望だからである。われわれは、大衆と“見えざる契約”をしているのである」。1955(昭和30)年、東京駅の表玄関に「八重洲口ナショナル・ショウルーム」開館。家庭電化への関心と知識を高め、明るく楽しい家庭建設への手引きとして新設されました。そして、計画は4年間でほぼ達成されました。

特製テレビジョンカーを先頭に、全国移動展示会!

1953(昭和28)年、ナショナル・テレビジョンカーによる「移動展示会」を開始しました。これは、特別に編成された移動展示チームが、テレビカーを先頭に、大型キャラバンカーに全製品を満載して全国を巡回。地元代理店や販売店の協力のもとに各地の公会堂や学校などを会場にして、電化製品の展示会を開催するものでした。ローカル市場の人々にとっては、もの珍しく斬新な催しとして、家庭電化の認識を深め、いたるところで好評を博しました。

いつの時代も変わらぬ、思い。

1950年代前半に始まった家庭電化を、最前線でけん引して頂いたご販売店様より当時の貴重なエピソードをお聞きしました。なかでも、1936(昭和11)年に幸之助が発信した「商売戦術三十か条」は、今に至ってこれだけ長い時間が経っても、当てはまらないことは一つもない。商売の信条はいつの時代も変わらないのだと、今でも大切にして下さっています。それは、常にお客様のことを第一に考える、松下幸之助の一貫した思いの表れであり、それが今も脈々と継承されているのです。

アクセス

【所在地】〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006
【アクセス】京阪電車 西三荘駅下車 徒歩2分
【開催期間】2019年8月26日(月曜日)~10月5日(土曜日)

【入館料】無料
【開館時間】午前9時~午後5時
【休館日】日曜日・年末年始
※特別企画展等開催期間中、開館時間が変更になる場合があります