【ものづくりイズム館 企画展】スポーツとパナソニック ―最高のプレーを、最新のソリューションで。―

会期:2019年10月12日(土曜日)~2020年1月18日(土曜日)

パナソニックのスポーツチームは「強いパナソニック」をめざして進化し続けるとともに、スポーツを通じて地域社会との交流を深め、「スポーツの楽しさ」や「夢」を共有しながら、輝かしい未来を創造するために日々努力しています。近年では、これまでの「社員の一体感の醸成」や「ブランドイメージの向上」への貢献に加えて、それぞれの現場で、当社の製品や技術を訴求する役割も担うようになってきました。この企画展では、各チームの活躍と合わせて、スタジアムやアリーナでスポーツを観戦するお客様に、エキサイティングかつ快適な空間を提供している当社のソリューションをご紹介します。

第1部 スポーツチーム紹介

創業者の社長通達からはじまった当社の企業スポーツの歴史と、野球部、バレーボール部、ラグビー部、アメリカンフットボール部、女子陸上競技部、そして、ガンバ大阪(前身は松下電器サッカー)の6チームのこれまでの歩みやこれからの抱負とともに、各スポーツの特色を用具や秘蔵品と合わせて展示。
また、各チームが次世代育成や地域活性化のために実施している社会貢献活動の様子もご紹介します。

第2部 アスリートが製品開発・PRに協力

スポーツ選手たちの試合や練習、体力づくりなどの場面における、一流アスリートとしての意識や行動が、製品開発やプロモーションに役立っている事例をご紹介します。

第3部 スポーツ現場のソリューション

安全で快適な観戦環境を創造し、選手のプレーの素晴らしさを2倍、3倍に引き立ててお客様に未体験の感動と興奮を提供する、パナソニックのソリューションをご紹介します。

第4部 スポーツを核にした街づくりを推進

老若男女、競技する人も観る人も一緒に楽しむことができるスポーツ。そのパワーを使って、社会課題を解決しようという試みが始動しました。
パナソニックワイルドナイツを中心にした地域振興への取り組みをご紹介します。