[ものづくりイズム館 企画展]風と空気をつくる―パナソニックの室内空気質事業、その歩みと挑戦―2020年9月5日(土曜日)~2021年1月30日(土曜日)

ものづくりイズム館 風と空気をつくる―パナソニックの室内空気質事業、その歩みと挑戦―

会期:2020年9月5日(土)~2021年1月30日(土)

昨今のコロナ禍により、私たちのくらしは激変しました。いろいろな制限の中、新しい生活様式を模索する上で、換気をはじめとしたIAQ(=Indoor Air Quality 室内空気質)の重要性が認識されています。
パナソニックグループは、1936年に扇風機、1958年にクーラーと換気扇の1号機を発売して以来、室内の空気環境を良化するための製品を、数多く世の中に送り出してきています。
今回の企画展では、時代のニーズをとらえ社会課題を解決するために、さまざまな風ときれいな空気をつくることに情熱を傾けてきた当社の室内空気質事業の歴史を振り返るとともに、これからのニューノーマル時代の生活に適した室内環境を探ります。

第1部 風と空気への挑戦の始まり

当社と室内空気質事業の関わりは、1918年の創業前から始まっています。
第1部では、創業者・松下幸之助の「風と空気」に関するエピソードをご紹介します。

  • 当社と「風」の深い"縁" ~窮地を救った扇風機の部品~
  • 「人々が喜ぶ商品を」 ~エアコン1号機のエピソード~

第2部 当社の室内空気質関連製品の歴史

「風」と「空気」をつくってきた、換気扇、扇風機、エアコン、空気清浄機、空間除菌脱臭機の5つの製品カテゴリの変遷を、社会課題や住環境の変化と一緒にたどります。

第3部 ニューノーマル時代の室内環境の提案

きれいで快適で安全な室内環境の創造に挑戦し続ける当社の、現在の室内空気質関連製品と、それぞれの特長ご紹介します。

  • 住宅用熱交換気調(24時間換気システム)
  • 天井埋込形ナノイー発生機「air-e」
  • エアコン「エオリア」
  • 加湿空気清浄機
  • 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」
  • リビング扇

技術説明

当社が独自開発した二つの技術、それぞれの仕組みと効果を説明します。

  • 「ナノイー」「ナノイーX」技術
  • 次亜塩素酸生成技術