松下幸之助の歩み

松下幸之助が歩んだ、94年の「道」

1894

和歌山県海草郡和佐村で誕生

1904

小学校4年で中退、大阪の宮田火鉢店に丁稚奉公

1905

五代自転車店に奉公

五代自転車店の店主主人といっしょに
幸之助のもっとも古い写真

1910

大阪電燈に入社

1913

関西商工学校の夜学に通う

1915

井植むめのと結婚

1917

大阪電燈を退職し、ソケットの生産・販売に着手

1918

松下電気器具製作所を大阪市大開町に創立

創業の頃の家族写真
後列左から/幸之助、義弟・井植歳男、妻むめの
前列/むめのの三姉妹

1922

第一次本店・工場を建設

1923

砲弾型電池式自転車ランプを開発

1927

角形ランプを「ナショナル」の商標で発売

1929

綱領・信条を制定

1932

貿易部を設置
第1回創業記念式典を挙行(所主告辞を発表)

1933

事業部制を導入
門真地区に本社・工場を建設
遵奉すべき五精神を制定(1937年に七精神に改定)

1934

店員養成所を開設

1935

松下電器貿易株式会社を設立
基本内規を制定
松下電器産業株式会社に改組

1940

第1回経営方針発表会を開催

1946

GHQより7つの制限を受ける(1950年までに解除)
PHP研究所を創設

PHP創刊号

1951

初めて欧米を視察

1952

フィリップス社と提携

フィリップス社との提携に調印

1955

アメリカ向けスピーカーの輸出に
「Panasonic」ブランドを初めて使用

1956

5カ年計画を発表(売上220億円を800億円に)

1959

戦後初の海外販売会社として「アメリカ松下電器」を設立

1961

会長に就任
戦後初の海外製造会社「ナショナル・タイ」を設立

1962

「タイム」誌のカバーストーリーで世界に紹介される

1964

熱海会談(全国販売会社代理店社長懇談会)を開催
「ライフ」誌に紹介される

熱海会談

1965

週5日制を導入

1970

日本万国博に松下館を出展

1973

相談役に就任

1979

マレーシアからパングリマ・マンク・ネガラ勲章を受章
中国を訪問し、鄧小平副首相(当時)と懇談

1980

松下政経塾を開塾

1983

日本国際賞を提唱し、初代理事長に就任

1987

勲一等旭日桐花大綬章を受章

1989

4月27日、死去

その他

関連リンク