社員紹介 沢田 唯

世の中にない製品を生み出す源泉になる、技術を考え続ける。研究開発 沢田唯 2015年 大学卒入社

私の仕事の内容

技術本部は当社の全事業部を横断して、新しい製品を生み出すための要素技術の研究開発を行っています。私が受け持っているプロジェクトは、様々なヒトやモノの状態をセンシングするセンサ開発。プロジェクトの人員は5名で、私はセンサの構造設計を担当し、構造解析シミュレーションを用いて、コンピューター上でセンサの動きを再現する仕事をしています。さらに、どのような構造にすることで性能が向上するのかを検討し、実際に試作や評価を行って想定通りの性能が得られるのかを検証していきます。想定した動作や性能になっていない場合は、実物を解析し原因追究。そこから得たデータをさらに開発に反映していき、まだ世の中にない製品のための技術を生み出していきます。

仕事のやりがい

私自身が考えた構造を実際に試作した結果、想定していた性能が出せたときにはやりがいを感じます。反面、思っていたような結果が出ないとき、なかなか解決策が思いつかないときはやっぱり苦しい。ですが、要素技術の開発は、手掛けている技術がどんな商品に展開されるのか限定されていないという面白さがあります。当社の様々な事業部と連携しながら、研究開発した技術を使えばどのような製品を生み出せるのかを考えていくのです。そうすることで、開発した技術が様々な領域で活用され、便利で快適な社会を生み出していくことになります。未来の社会をつくっていくことに貢献している。そういったやりがいを感じながら、プロジェクトのメンバーたちと新しい技術の開発に向き合っています。

ある1日のスケジュール

8時

出社

メールと1日のスケジュールを確認。

9時

設計業務

新たなセンサ構造を考案しメンバーと話し合う。

11時

ミーティング

プロジェクトメンバーと進捗報告や議論。

12時

ランチ

食堂で同期と一緒に食事。

13時

ミーティング

関連事業部と進捗状況の共有や議論。

14時

設計業務

検討したセンサ構造について、シミュレーション解析や考察を行う。

17時

退社

食事が一日の息抜きになっています。

IS社の魅力はここ

幅広い分野の技術に携わることができるのは、当社の魅力のひとつだと思います。ただ、入社してみて感じたのは、一緒に仕事をする人の魅力。同期同士の仲がいいのはもちろん、先輩たちも面倒見のいい人が多く、仕事だけでなくプライベートなこともたくさん相談にのってもらっています。

未来の仲間へメッセージ

一緒に素敵な未来を創りましょう! 沢田唯

*所属・内容等は取材当時のものです。