パナソニックとは

“私たちの使命は、生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること──。綱領は、パナソニックグループの事業の目的とその存在の理由を簡潔に示したものであり、あらゆる経営活動の根幹をなす「経営理念」です。”

昭和4年、創業者の松下幸之助が制定して以来、現在に至るまで、私たちは常にこの考え方を基本に事業を進めてきました。また、海外事業展開にあたっても、その国の発展のお役に立ち、喜んでいただけることを第一義としてまいりました。社会、経済、産業… あらゆる面で大きな転換期にある今日、“社会の発展のお役に立つ”企業であり続けるために、パナソニックグループは今後も経営理念に立脚し、新しい未来を切り拓いてまいります。

アプライアンス社(AP社)

アプライアンス分野における幅広い商品の開発・生産・販売を担当しています。白物家電、AV家電、美容・健康商品などのB to C事業や業務用冷熱機器、デバイス、エネルギーなどのB to B事業をアプライアンス社の事業領域とし、家庭からオフィス・店舗に至る、幅広い空間に対応した商品・ サービスを提供しています。

エコソリューションズ社(ES社)

人々のくらしに関わる住宅や、ビル・公共エリアなどの非住宅空間を対象に、今まで培ってきた快適環境を創造する技術や、エネルギーをコントロールする技術を生かし、世界中の人々が、環境負荷を軽減しながらも、快適に暮らせる空間を実現します。

コネクティッドソリューションズ社(CNS社)

「流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」の6つを重点事業領域に置き、先進技術を搭載した高品位な製品とIoTソリューションで、製品の開発・製造からソリューション開発・販売・システムインテグレーションまで展開し、B2Bのお客様に「つながる価値」を提供しています。

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(AIS社)

車載インフォテインメント関連機器、車載エレクトロニクス、電池、電子デバイス、半導体などのBtoBソリューション事業をグローバルに展開しています。その活動では常に最終のお客様一人ひとりを意識し、「BtoB」にとどまらず「BtoBtoC」ソリューションをすべてのお客様にお届けしたいと考えています。

先端研究本部/生産技術本部

パナソニックでは上記4つの事業領域のほか、自らの技術ポテンシャルをベースに先端技術(AI・ロボティクス技術等)との融合により、2020年以降の世の中へのお役立ち、お客様にとって必要な価値を生み出すことをテーマに研究を行っている『先端研究本部』、『ハード生産技術』と『ソフト生産技術』を基軸とする卓越した生産技術力により、モノづくりイノベーションをリードしてグループ経営への貢献を目的とした『生産技術本部』を設けています。

 

パナソニックでは、大きく3つの視点から従業員のキャリアサポートを行っております。従業員 一人ひとりの個性や能力など、多様性を尊重して個々が自己実現できるよう、教育訓練とキャリア 形成のための体系を整備しています。

人材育成

チャレンジする個人をサポートする制度を紹介します。

グローバルなキャリア

地球規模で活躍できる仕事にチャレンジできる制度を紹介します。

ワーク&ライフサポート

育児や介護などのライフステージを迎えても活躍し続けられるよう支援する制度を紹介します。